原チャ青春

原付を中心に日々の出来事を書ければと思う

Canon EF50mm f/1.8 兇任垢、Lumix G1に装着して撮影をしてみました。


EFレンズをマイクロフォーサーズマウントに装着するアダプターを使っています。
詳しくは、過去記事を参照。


その1の記事はコチラ
その2の記事はコチラ
その3の記事はコチラ


室内で、絞り開放(F1.8)で撮影。
P1160845
ピントは合わせましたが、なんだかボヤッとしている。
開放で撮るとシャープには写らない。


っというか、ボケの量がスゴい。
シャクレルプラネットの虎ですが、顔面以外は全部ボケている。


少しだけ絞ってみました。
P1160846
ISOも200へ上げたので、比較的キレイに撮れています。
ボケとしては、前足が若干鮮明になった感じ。


更に絞ってみる。
F2.8ぐらいに調整。
P1160849
テーブルがハッキリと写るようになり、ボケの量も穏やか。
ピントが合っている部分も鮮明になり、画質がグッと上がりました。


アダプターの絞りがちゃんと利いていて安心。
これで5500円は良い買い物。


最大まで絞って撮影。
P1160851
さすがに最大まで絞ると、ISOは3200まで上げないと無理。
ISO3200はLumix G1の限界値なので、画像もノイズがかなり目立つ。


シャクレルプラネットですが、サイズは手の平にちょこんと乗るぐらい。
これが最短撮影距離なので、あまり被写体には寄れない印象。
P1160853
これは絞り開放で撮っています。
最短撮影距離が遠いので、被写体から結構離れなければいけません。


それにしても、開放はボケが大きくて最短撮影距離での撮影は使いどころが難しい。
ピントが合っている場所以外は全部ボケる感じ。


夜中の室内で、ISO400、シャッタースピード1/30で撮影。
P1160856
暖色系の照明で、そんなに明るくないのにこれだけ撮れる。
手持ちで撮影して、手振れ補正も無いのにこれなら、十分に使える。


F1.8からボケの量を調整出来るのは、幅が広いので嬉しい。
明るいレンズは良いなと実感しました。

鮮明な写真を撮りたいのであれば、F2.8〜F4ぐらいに合わせた方が良い。


Canon EF50mm f/1.8 兇任垢、MFであることが苦では無いぐらいスムーズにピントが合う。
もしも、ジャンク品でEFレンズで広角のものを見つけたら積極的に購入したい。
このマウントアダプター、かなり使えます。


EFレンズをマイクロフォーサーズマウントに変換するアダプターが届きました!


・Canon EF50mm f/1.8 兇鮃愼
・レンズガード購入

と記事を書いてきましたが、ようやくカメラに装着することが出来ます。

その1の記事はコチラ
その2の記事はコチラ


届いたレンズアダプターがこれ。
P1160829
Amazonで注文し、5500円で送料無料。
商品リンクをページ最下部に載せておきます。


箱から出してみる。
P1160831
思った以上に品質が良い気がする。
合金のレンズアダプターで、作りがシッカリとしています。


同時に、合金が故に重い。
正直、重過ぎるぐらいに重い。
レンズよりも重く、下手をするとLumix G1よりも重いかもしれない。


マウント面はこんな感じ。
P1160832
電子接点はありません。
マニュアルフォーカスでの操作になります。


レンズ装着側。
P1160833
絞りの開放状態がこれです。
このアダプターの特徴は、アダプターに絞りが内蔵されていること。


オレンジ色のリングを回すと、絞りを調整することが出来る。
P1160835
ちょっと絞ってみた状態。
リングはスルッと回せるので、良い感じに使いやすい。
誤作動をする程の軽さでもないので、調度良いテンション具合いです。


思っきり絞った状態がこれ。
P1160836
電子接点が無いのに、絞りをここまで調整出来るのは嬉しい。
これで5500円は買いだと思います。


アダプター横には出っ張りがある。
P1160834
これは、レンズを装着した際にカチッと鳴る。


レンズを装着してみました。
P1160837
なかなか格好良い!
レンズの全長が伸びてしまいましたけど、まあ仕方が無い。
AFは利かないので、MFにスイッチを合わせておきます。


マイクロフォーサーズのLumix G1に装着。
PA120032
標準レンズのようなサイズになりました。
しかし、なかなか格好良い。
そして、重い。


重量がネックですが、なかなか使えそうな感じ。
次は、実際に撮影して写りを確かめていこうと思います!

その4へ続く!



Canon EF50mm f/1.8 兇任垢、マウントアダプターよりも先にレンズガードが届きました。


Canon EF50mm f/1.8 供その1の記事は
コチラ


HAKUBAのレンズガードで、価格が送料込みで682円。
かなり安い。


ちゃんとマルチコート加工がしてある。
Canon EF50mm f/1.8 兇52mmのレンズガードを使います。
P1160822
これだけシッカリとした品が682円で購入出来るなんて・・・素晴らしい時代。


しかも、お急ぎ便だったので、次の日には到着したという。
Amazon、素敵過ぎる。


ダイソーでブロワーも購入してきました。
レンズガードを装着するには、このブロワーは必須。
P1160818
良いレンズなので、ちゃんと手入れをしていこうと思います。


レンズガード、開封。
P1160819
クリアでキレイなレンズガード。
上質です。


あとは、Canon EF50mm f/1.8 兇離譽鵐困鬟屮蹈錙爾膿瓩い董ΑΑα覗瓩レンズガードを装着!
ホコリが入らないようにシュパッと済ませます。


装着完了。
P1160820
ホコリも入らず、満足する装着の儀でした。
レンズガード、良いですね。


レンズガードが少し飛び出して、ちょっとだけ全長が長くなりました。
P1160821
しかし、これで持ち運びのストレスが減る。
レンズだけは汚れないように、傷つけないように守らなければ。


次は、マウントアダプターが届いたら記事を書きます。
その3へ続く!



今更ですが、Canon EF50mm f/1.8 兇鮃愼しました。


あの有名な撒き餌レンズ。
安くて性能が良い、誰もが飛びつくコスパ最強の単焦点レンズです。


今は新しいモデルが発売されており、これは製造が終わった旧モデルになる。
今回、中古の訳あり品がお安く販売されていたので購入。


これが外箱。
P1160809
手の平に乗るぐらいのサイズ。
第一印象ですが、「すっごく軽い」。


以前の持ち主さんは、カメラのキタムラで購入されたみたい。
偽物ではなく、正規品で安心。
P1160810
Canon EF50mm f/1.8 兇任垢、オートフォーカスが気になる人が多い。
ジーコジーコ、ガッガッ!っという動作音の大きさがある。


自分は特に音は気にしないので、AF動作音については問題視していません。
何より、マイクロフォーサーズのLumix G1に装着する予定なので。


現在、EFレンズをマイクロフォーサーズのマウントに装着するアダプターを注文中。
届き次第、レビュー記事を書きたいと思います。


アダプターは安い品なので、電子接点が無くマニュアルフォーカスでの操作になる。
結果、AF動作音の問題は心配無用。


箱から出してみました。
P1160811
保証書、説明書、全て揃っているみたい。
しかし、レンズが本当に軽い。


緩衝材からレンズを出してみると・・・プラスチック!質感が完全にプラスチック!
P1160812
正直、プラスチック大好きなので嬉しい。
軽いし、気軽に扱える。
高級感とかは不要ですし、何より軽いのは正義。


初めてのF1.8レンズ。
P1160814
手ぶれ補正はついていませんが、レンズの明るさで補えると踏んでいます。
50mmなので、マイクロフォーサーズだと35mm換算で100mmの画角。
ボケの程度は、35mm換算でF3.6程度になる。


この記事の写真画角が90mm相当なので、大体同じぐらいの画角になるはず。
今と同じ画角で、ボケの量が大きくなって明るい。
全てがレベルアップ。


マウント部分もプラスチック。
P1160816
訳ありの理由ですが、Canonのカメラで使うと「接点エラー」が頻発するらしい。
このレンズにはよくある症状みたい。


自分の場合、そもそもマウントアダプターに電子接点が無いので問題にならない。
むしろ、そのおかげで格安でこんな良いレンズが手に入る喜び。


AFが使えないという問題がありますが、100mmという画角を考えるとAFは不要。
ポートレート、もしくは静物撮影に使うレンズですので。


動きモノを撮影する場合、事前に無限遠に合わせておけば良いと思っています。
そうすれば、ストリートスナップにも使える。


最短45cm、ピントリングもスムーズに回る。
意外と寄れない印象ですが、実際に撮影するとどうなんでしょう。
P1160817
自分の場合、これでお料理の写真を撮ったりする予定。
画角が狭いので、アップで料理単品を撮影するのにピッタリだと思っています。
あとは、実際に撮影して距離を確認したい。


このレンズを装着予定なのが、このLumix G1。
言わずと知れた、ミラーレス一眼の元祖。
P9030003
現在はキットレンズを使っていますが、このレンズが暗い。
14mm-45mm F3.5-F5.6
となっている。


F5.6は、ちょっと暗いカフェに行くと絶望的な数値。
Lumix G1の常用ISOは400程度なので。
MEGA O.I.S.の手ぶれ補正が付いていますが、三脚必須レベル。


マウントアダプターが到着次第、カメラにレンズを装着して撮影してみたいと思います。

その2へ続く!




Amazonでハンドスピナーを購入しました!


Amazonで販売されているハンドスピナーは価格がピンきり。
安くて良いものもありますが、中には粗悪品もズラリとある。

下手をすると、1分も回らない商品もあったり・・・。


そんな中、自分が購入したハンドスピナーはこれ!
このハンドスピナーをレビューします。
P1110993
黒の2枚羽タイプのハンドスピナー。
ちゃんとケースに入っていて、安かったのにシッカリしている。


自分が購入した商品ページのリンクを、ページ最下部に貼っています。
自分は900円弱で購入しました。


裏には品名。
P1110994
送料込みで800円台、この外観、ちゃんと回転してくれるかドキドキ。


開封!
P1110995
ブラックが良い感じに格好良い!
所有欲を満たしてくれるハンドスピナー。


持ってみると、ズッシリと重い。
P1110996
プラスチック製の安いものだったらどうしようと思っていたので、これは嬉しい。
いかにも回転しそうな質感。


回してみると・・・すごく回る!
P1110999
想像していたよりも回る!
滑らかで、シャー!っという音が心地良い。


時間を測ってみました。
P1120001
1分程度は余裕。
勢いは全然衰えず。


4分弱でほぼ停止。
P1120002
格安ハンドスピナーなのに、意外過ぎる記録。
良い買い物をしてしまいました。


念のため何度かタイムを計測しましたが、結果はそんなに変わらず。
P1120003
もっと高い商品だと、もっと良いタイムが出るみたいです。
ですが、価格から考えても十分過ぎる性能ではないでしょうか。


手遊びにピッタリな、不満無しな商品でした!

遊べば遊ぶほどなついてくれるAIロボットらしい。


っで、届いたパッケージがこれ。
P1160452
COZMO、思ったよりも大きい。
本体サイズは、大きな唐揚げ2個分という感じ。


アップで。
P1160453
プラスチックな見た目ですが、結構シッカリとした作りになっている。


COZMOは、スマホアプリを利用して遊びます
P1160454
iOS、Androidに対応。


パッケージの内容はこんな感じ。
P1160455
シンプルな内容です。
電池ではなく、バッテリー駆動になるので充電台が付属する。


説明書は、後ろの方に日本語の記載ページがある。
P1160456
クイックスタートガイドなので、ページ数は非常に少ない。
絵が描かれているので、内容も分かりやすくて親切です。


とりあえず、充電中。
P1160457
充電中は、可愛いというより格好良い。
充電が終わったら、動かして遊んでみたいと思います!

ちなみに、充電台はUSBケーブルです。
コンセントから充電したい場合、別途アダプターが必要になります。
アダプターは100均にもありますし、スマホ用のを流用しても良さそう。


っということで、次回は遊んでレビューをします!

※遊ぶ編はコチラ。←リンク




使用するソフトは「Meiryo UIも大っきらい!!」というフリーソフト。←リンクになっています


1.ダウンロード後、ファイルを展開します。
スクリーンショット (1)



2.noMeiryoUI.exeを起動
スクリーンショット (2)


あとは、「すべてのフォント」横にある「選択」ボタンをクリック。

作者さんには申し訳無かったのですが、「Meiryo UI」を選択し、「一括設定」ボタンをクリック。

画面がフリーズすることがあるかもしれませんが、設定は反映されているはずです。


これで、あの独自フォントからサヨナラ出来ました。