原チャ青春

原付を中心に日々の出来事を書ければと思う

新車で購入した「SYM T2 250」です。

2014_02_24_20_53_46


車体ですが、大きさは250のネイキッドとしては標準かなと思います。
ちょっとコンパクトかもしれませんが、こんなものだと思います。

足つきですが、160cmで股下70cm以下の自分でも両足つま先がギリギリ着きます。
片足だと、つま先部分がベッタリ地面に着く感じ。
踵は無理です。
しかし、両足が着くというのは非常に有難い。


以下、良い点と悪い点を列挙。

<良い点>
・車体価格が安い
・メーター周りが格好良い
・扱いやすいエンジン
・そこそこ燃費が良い

<悪い点>
・積載性ゼロ
・メーターが不正確(初期不良?)
・ヘルメットホルダーが無い


性能は文句なしです。
クセも無く、エンジンは非常に扱いやすい。
初めてのバイクには最適だと思います。
デザインとは裏腹に優しい乗り心地で、旋回も楽。
タンク容量も14リットルあるので、ロングライドが可能。
燃費がリッター40キロ前後として、500kmは無給油で乗れますね。

問題は積載性。
保険の書類や車載工具をどこに置いていいのやら・・・。
買い物はリュックが必須となるかと思います。
もしくは腕にビニール袋を通すか。
メットはタンデムシートか、リア下にあるバーに掛けておくしかないですね。

そして、メーター!
明らかに60kmは出しているのに、スピードメーターを見ると時速30kmの表示。。
マイル表示では無く、ちゃんと時速表示なのに。
これは不具合ですので、早くバイク屋さんに見てもらわねば。
センサー周りがSYMは弱いのかも。


ちなみに、お店の方の話によると、ETCはタンデムシートの下にギリギリ設置出来るそうです。
後々、ETCも取り付け予定な自分としては朗報でした。




増税前にバイクを購入しました。

候補に挙げたのは
「ヤマハ YBR250」
「ヤマハ YB125SP」
「ヤマハ YBR125K」
「SYM T2 250」
「SYM T2 125」

現在、ホンダのスペイシー100に乗っていました。
どうせなら、排気量を上げたいと思いましたので、候補は「YBR250」「SYM T2 250」の2つに絞られます。
燃費と初期費用、維持費用の低さなら125ccなんですけどね。
候補に挙げた125ccのバイクは乗り出し20万円以下で購入可能です。



250cc以上のクラスは、車検なども含めて一気に費用が上がるので候補から除外。
経済的で高速も乗れる250ccにしました。


さて、価格ですが
・ヤマハ YBR250
乗り出し 45万円

・SYM T2 250
乗り出し 42万円

でした。
ただ、お店によりけりなので、両方40万円ぐらいで買えると思っていいと思います。
自分は「SYM T2 250」を乗り出しジャスト40万円で購入。

日常の足ということであれば「ヤマハ YBR250」が断然良いと思います。
小さな収納スペースあり、燃費が抜群に良い、タンク容量19リッター、エンジンが頑丈。
ロングライド、長期使用が可能なバイクです。

では、なぜ「SYM T2 250」を選んだかというと・・・デザイン!
それでいて、燃費も悪くない、そこそこ大きいタンク容量。
ヤマハのデザインはネイキッドというより、オフロードに近い印象だったのが残念。


っということで、次回はレビューを。

nasneを購入しました。
1382922751722


今まではPS3とtorneを使っており、PS3ではtorne、Youtubeぐらいしか使わない状態でした。
ゲーム機というよりテレビ代わりです。


そんな中、「PlayStation Vita TV」が11月に発売されるということで、PS3からPlayStation Vita TVに切り替えようかと思い、どうせならtorneからnasneにしようと思い立ったのがキッカケです。
だって、PS3のファンの音がうるさくて仕方ないんですよ。
torneやYoutubeを観ているだけなのに、PS3からは
「フォォォォーーーン!」
と唸り声が聞こえてきます。
もう、騒音。
内部のホコリを除去しても変化なしでしたので。


そして、買ってきました!
1382922758899

nasne!

このnasne、注意点があります。
有線LANしかネットワーク接続手段が無いのです。

実は、ウチのネットワークはWiMAXのみ。
クレードルもないので、無線のみの環境。
これではnasneは使えません。


ですので、同時にこちらも購入しました。
2013_10_27_23_34_01

無線LAN→有線LANのコンバーター。
無線LANの子機ですね。
これをnasneに接続すれば、有線LANのみの機器でも無線LAN環境に対応出来ます。


買って来た無線LAN子機をPCに接続してWiMAXに繋がるようセットアップを済ませ、その後nasneとLANケーブルで接続。
PS VitaをWiMAXに接続して、nasneが操作出来る事を確認。
nasneのセットアップも済ませます。

2013_10_27_23_57_59

見れた!



次にNexus7。

特別な設定はいりません。
アプリを入れるだけでOK。
入れるアプリは「Twonky Beam」。
まずは無料でインストール。

WiMAXへ接続し、アプリを起動してホームネットワーク上のコンテンツに接続します。
nasneが見つかると思います。
あとは、ライブチューナーを選択すればテレビ番組視聴が出来ます。
もちろん、録画した番組も視聴可能。
ただし、番組視聴には有料の追加機能を700円支払って追加しなければいけません。
700円は安いと思うので、サクっと購入してください。

2013_10_27_23_47_15

画面がPS Vitaより大きい分、スゴく見やすい!!
視聴はNexus7、録画などはPS Vitaからがいいかもしれません。


何より、あのPS3の騒音から解放されたのが大きなメリット!
PS3は一旦収納し、ゲーム、Blu-ray、DVDの視聴する時のみに利用したいと思います。
おかげで、部屋がスッキリ。


ウィルコムから「だれとでも定額パス」が発売されます。

WS000041


どういった商品かといいますと、手持ちのスマホに本製品をBluetoothで接続すると、手持ちのスマホでウィルコム回線で通話が出来るようになるというもの。

ウィルコム用の外付けアンテナという感じですね。


何と、基本料金が490円と激安。
490円でウィルコム同士の24時間無料通話が可能です。
オプションの「だれとでも定額」に加入すればプラス980円で他社携帯&固定電話とも無料通話が可能。


更に、何がスゴイかといいますと、MVNOとの組み合わせ。
例えば、IIJmioのSIMカード月額945円。

このSIMカードをスマホに挿します。

そして「だれとでも定額パス」をスマホに接続。

すると、945円+490円=1435円でネットし放題&電話がかけれるのスマートフォンの完成。
IP電話とは違って音質も保証されていますし、緊急電話もかけれます。
緊急電話がかけれるというのが何より嬉しい。

「だれとでも定額」を追加しても、合計2415円。
激安。


DTIの「ServersMan SIM 3G 100」であれば、490円+490円=980円でネットし放題なスマートフォンが!
だれとでも定額をつけても月額1960円!


通話機能のないタブレットでも通話が出来ますね。
ウィルコムが面白い!

だれとでも定額パス


DTIのワンコインSIM「ServersMan SIM 3G 100」で使えるIP電話サービスが開始しました!
β版として提供中は月額無料だそです。

DTI

これで、「ServersMan SIM 3G 100」はSMSが使え、電話が出来る。
緊急電話が出来ない以外は完全に携帯電話として使えることになります。

IP電話サービスは月額315円ですが、β版として提供中は月額無料だそうです。
携帯電話への発信は16.8円/分。
一般加入電話への発信は8.4円/3分。
100Kbps環境でも快適に通話が出来るとのこと。

他社とは違った方向からのアプローチですので、とっても面白いですね!

前回、Galaxy S α(SC-03E)のLTEをオフにしてみましたが、あれからLTE通信をした場合と、3G通信のみの場合で1日過ごしてバッテリー持ちについて検証をしてみました。


結果・・・・


変化なし!


自分の環境が要因なのかは分かりませんが、LTEオン状態でもバッテリーがかなり持ちます。
午前中〜お昼で90%以上のバッテリーが残ってます。
さらに、ネットで1時間程度動画を見たり、ネットを2時間以上してもバッテリーは余裕で一日持ちます。
N-04Dは本当にダメ子ちゃんだったようです。


むしろ、3G回線オンリーよりも、LTE通信オンの方が速度がある分快適でした。
Galaxy S α(SC-03E)はLTEを切らずに使用していこうと思います。


Galaxy S α(SC-03E)を購入しました。
一括0円で購入し、SIMはN-04Dで使っていたデータ通信専用プランのSIMを入れました。


サクサクという噂ですが、確かにサクヌルです。
N-04Dとは大違い。
何度でも言います、N-04Dとは大違い!


画面が大きいので、プチタブレットという印象です。
片手で軽々操作、ポケットにスッと入れるというのは少々キツイ。
バッグや、スーツの内ポケットに入れるような持ち歩き方になるかと思います。


サイズは大きいのですが、不思議と持った感じは手に馴染みます。
重さも感じない。
このスマホは液晶保護シートだけ張って、むき出しで使うのが正解かも。
ケースを使うと、せっかくの薄型&持ち易さが台無し。


プチタブレット的な印象なので、Nexus7の出番が無くなるかな?っと思ったのですが、SC-03Eはどうやら動画再生が弱いっぽいです。
ネットで動画を観よう思ったのですが、音声ブルブルのガックガクでした。
スマートフォン用に最適化された動画の閲覧は問題が無いので、処理力不足が原因です。
Nexus7であれば、どんな動画もストレス無く観れますので安心。
Nexus7はやっぱり優秀。


しかし、それ以外ではSC-03Eは今までのスマホの中で最優秀です。
バッテリー持ち、タッチ感度、処理速度、画面解像度と高いレベルでまとまっています。
ドコモのスマホには珍しく、人に普通にオススメ出来る機種。
家ではNexus7、外ではSC-03Eという使い方が自分には一番ストレスが無く良い感じ。
個人的に気になるのはディスプレイの発色ですけど、これは好みの問題でしょう。


Nexus7、SC-03Eを使ってみて思うのは、何だか・・・今の日本のスマホはダメかも・・・っと残念に思います。。
SC-03Eはおサイフケータイ、ワンセグまで搭載してますからね。
これでドコモの余計なアプリさえなければ不満無しです。
本当、日本のキャリア、メーカーは・・・と残念です。


っと、何だかんだいってもバッテリーはLTE対応機だけあって持つには持つけど〜という感じ。
ドコモの凍結できないプリインストールアプリのバッテリー消費も気になりますし。
っということで、LTEをオフにして使って様子をみようと考えています。
果たして、LINE、comm、Twitter、Facebook、Googleアカウントフル同期でどこまでバッテリーを伸ばせるのか。


使用するアプリはShowServiceMode For Galaxy LTE

これはGalaxy Tab 10.1 LTE(SC-01D)の時にお世話になった有料アプリです。
SC-03Eでも問題なく使えました。

LTEオフの効果はN-04Dで実証済みですからね。
その後のSC-03Eのバッテリー持ちの効果については後ほど報告したいと思います。


DTIの月額490円SIM「ServersMan SIM 3G 100」をPS Vitaに差して使用しています。
さて、この状態でオンラインゲームのファンタシースターオンライン2がプレイできるのでしょうか。




試してみたのは午後7時。

ログイン・・・成功。
ログイン後、ゲーム開始・・・・サーバーから応答無しで切断。
以後、数回程度も切断現象が発生。
その後、奇跡的にゲームを開始出来たものの、ロビーに誰もいないという不思議な状態に。
ロビーを動き回っていると・・・即切断されました。


結果、DTIの「ServersMan SIM 3G 100」ではゲームは出来ません。
ただし、どうやら速度制限を解除すればゲームは出来るようです。
あまり意識していなかったのですが、自分も以前に速度制限を解除したことがあったのですが、この状態ではゲームが出来ていた気がします。

ただ、ゲーム途中で速度制限がかかってしまうと怖いですよね。。
貧乏人は、とりあえずWi-Fi運用かなと。

・・・3Gモデルの意味が無い!
どうしてもというときは、200MBぐらいチャージして遊べばいいとは思いますけど。
※15分〜20分のプレイで大体2,3MB消費しました

イオンSIMとかはチャージ無しでプレイとか出来るのか気になりますね。
どうなんだろ。。