原チャ青春

原付を中心に日々の出来事を書ければと思う

国内でも、ようやくNexus7の3G対応モデルが出ます。
当然SIMフリーです。

自分はシェアリーで契約したWiMAXを持ち歩いていますが、不便はしていません。
少し街の外に出るとエリア外となるのが気になる所。
しかし、WiMAXは自宅と屋外の両方のメイン回線としているので、そちらのメリットの方が大きい。
WiMAXは速度制限もありませんし。

そのWiMAXルーターとNexus7のWi-Fiモデルを普段から持ち歩いています。
Nexus7は良いです。
スマホを触らなくなりましたし、家でもPCを立ちあげなくなりました。
音楽もGoogle Musicが便利過ぎる。


そのNexus7が3Gに対応したとなれば、その活用の幅はとても広がります。
SIMは最安運用をするのであればDTIでしょうね。
ServersMan SIM 3G 100
毎月490円で利用可能。
速度制限解除サービスが格安で提供されているので、そちらを利用すると不便もありません。

あとは、docomoなりで契約しているデータ通信専用SIMなどを利用するといいでしょう。


自分はWi-Fiモデルで十分満足してますが、オススメは3Gモデルを推したいと思います。
価格は29800円。

このようなSIMフリー端末がどんどん日本でも出てくると、DTIのような格安MVNOサービスも増えていくんでしょうね。
そうなると嬉しいです。


EMOBILEが発売されているスマートフォン「GS03」ですが、価格がお安くなってきました。
自分が確認した時点では29800円。



<スペック>
CPU:1.5GHz デュアルコアCPU
カメラ:800万画素(メイン)、130万画素(サブ)
ディスプレイ:4.3インチ(960×540ドット)スーパー有機ELディスプレイ
外部メモリ:microSD、microSDHC
OS:Android™ 4.0
その他:Bluetooth 3.0、GPS

このスペックでこの値段でSIMフリー機は破格ではないでしょうか。
SIMフリーはいいですよねー!


今、ポンパレで寝袋が1690円で出ていますが、スペックが書いてありませんね。。

見てみると

【重量】
・約800g

【商品詳細】
・仕様:開閉ファスナー
・素材:(表面)ポリエステル、(中綿)コットン
・生産国:中国

とあります。

重量が中綿がコットンなのに重量が800g。
完全に夏用ですね。
でも、夏はタオルケットがあれば十分な気がします。
お値段からしても、普通に考えれば夏用だろうなとは思っていましたが。

寝袋に関しては、販売者はもうちょっと詳細なスペックを記載するべきかなと思いますね。
命を預ける寝袋になるかもしれないので、寝袋はちゃんとしたものを購入しましょう。


ケシュアのポップアップテントを購入しました。

NCM_0176


普通、テントはポールを組み立てたりしながら設営をします。
しかし、このポップアップテントは袋から出すだけ。
出すだけで設営が完了するのです。


今回、2人用を購入しました。

広げた感じ・・・デカっ!広っ!
強度に関しても、全く問題が無いように思います。
ポールが頑丈。

そして、細かいところが良く出来ている。
テント内に小物入れや、ランタンを吊り下げれるヒモがあったり、外袋にはペグや固定用のヒモを入れれる袋が設置してあったり。
テントはちゃんとインナーとフライシートに分かれてますし。

これで1万円弱は安い。

ポップアップテントは何となく普通のテントとして使うには強度や、使用感など他のテントよりは劣る気がしていました。
しかし、これは素晴らしい。


戸惑ったのは畳み方。
外袋に畳み方が絵で説明してあったので、やり方自体は簡単です。

問題は・・・勇気。

折れそうで怖い。
Youtubeも検索しながら、本当に畳み方が合っているのかを何度も確認しながら作業しました。
結果、勇気を出してえいっ!っとやれば問題無し。

イメージでは車用のサンシェードみたいにクリンクリン畳めるもんだと思っていました。
考えれば分かりますが、テントがそんなヤワなわけないですよね。

一度畳むことが出来れば、次からは1分もあれば畳めると思います。
即設営、即撤収が可能。


このケシュアのテントはオススメです。

ちなみに、ホームセンターで3000円の安いポップアップテントも購入しました。
しかし、こちらは縫製が甘すぎる、インナーが無い、入口のファスナーが即壊れるという散々な結果に。
やはり、テントは信頼のおけるメーカー、信頼のおける品を購入しましょう。


ダイソーに10徳万能ナイフというものが売っていました。

お好み焼き用のヘラとかを売っていたコーナーにありました。
10徳の内容は

・ナイフ
・ノコギリ
・プラスドライバー
・コルク抜き
・爪ヤスリ
・ひも通し
・缶切り
・はさみ
・栓抜き
・マイナスドライバー

です。
これにペンチが加わっているバージョンがあれば嬉しいんですけどね。


この10徳万能ナイフはアウトドアに良さそうです。
アウトドアに持って行くとして、このナイフはどの程度切れるのでしょうか。
まさか、ペーパーナイフなわけはないと思いますけど。


試しに人参を切ってみました。
か・・・硬い・・・・。
切れなくは無い・・・けど、硬い・・・怖い。
根菜類を切るのは出来るだけやめておいた方がいいかもしれません。
他の野菜であれば大丈夫だと思います。

お肉は・・・試してませんが、切れないだろうなと予想。

まあ、100円だし、文句は言えないかな。
人参がどうにか切れただけでも褒めてあげていいかも。

キチンと切れるナイフ、信頼のあるツールが欲しい場合はそれなりの物を買った方がいいでしょうね。
場合によっては命を繋ぐ道具になるかもしれないわけですから。




チラっと寄ったダイソーにプチ鋳物シリーズのグリドルが置いていました。

鋳物シリーズはフライパンが欲しいなと思っていましたが、残っていたのは丸型のグリドルだけ。
残念だなと思いつつ、せっかくなのど丸型グリドルとハンドルを購入。

グリドルは420円、ハンドルは105円でした。

シーズニングについては書かれていませんでしたが、念のためそれっぽいことをしときました。


さて、グリドルってどんな料理が出来るんだろう。
とりあえず、王道としてウインナーを焼いてみました。
蓄熱性が高いので、一度グリドルが温まったら弱火、もしくは余熱調理でいいみたいです。
なんてエコな調理器具。

調理は同じくダイソーで購入したシリコン製のミニトングで行いました。

サイズ的には一人用ですので、ササッと作ってそのままミニトングで食べる。
楽だし、美味い!
ミニトングがまた便利過ぎる。


一人暮らしとしては、肉や野菜を塩コショウで焼いて食べるだけの時に大活躍しそうです。
実際、自分のところでは活躍しています。


更に、手入れが楽。
水でゴシゴシ洗って、コンロで乾かして終了。
後は、たまに油を塗ってあげる程度。

食器用洗剤とか、スポンジについた泡を落とすのが面倒だったり、無駄に水を使ったりするんで好きじゃありません。
なので、色々とこの鋳物グリドルは嬉しいこと尽くしでした。


去年、ソフトバンクから出た「PhotoVision TV」。

防水機能と、フルセグ機能が加わったフォトビジョンです。
録画も、録画予約も出来ます。

月額は890円。
しかし、対象機種を新スーパーボーナスで購入すると25ヶ月基本料が無料になります。

これから新生活を始める人で、まだテレビが無い、それほどテレビを必要としない人にはいいかもしれません。
場所も取りませんし、条件が合って基本料無料になるのであれば是非持っておきたい。

ただし、映像の外部入出力は出来ないようなので、汎用性は低い機器なのは注意。


今時、欲しい情報はネットで配信されていますし、テレビを大画面で見る必要は無くなってきました。
情報収集、番組視聴はパソコン、携帯、タブレットで十分という軽度なテレビ視聴者が増えましたね。