トレンド最新情報ハンター

トレンド・最新情報・節約情報・タイムセールなど、日々の最先端情報を発信します。

    2010年08月

    さて、基本はマスター出来たでしょうか。

    狙いたい場所を狙えるようになれば、あとは景品ごとのコツを覚えていきましょう。


    今回のお題は「お得な景品を探す」です。


    ラッキーにも、取りやすくなっている景品がたまに存在します。

    その一つが「箱」に入っている景品です。


    「箱」に入っている景品が何故お得なのか。

    箱には何がついているでしょう。



    そう、「フタ」です。



    そして、たまにこの「フタ」が完全に封をされていない場合があります。

    こんな感じです。


    箱




    少しの隙間でも開いていれば大チャンス。

    さて、前回に何を学んだか覚えているでしょうか。

    「狙いたい所を狙える」

    でした。

    狙いは箱のフタの「隙間」です。

    この隙間にアームをねじ込みます。


    「そんなこと出来るの?」


    っと思うかもしれませんが、アームの先端の爪さえ隙間に入ればOKなのです。

    箱の隙間に爪が入れば、後はそのまま景品が引っかかって景品GETとなります。

    この取り方のメリットは


    「どんな景品でも一発で取れる」


    大きさ、重さ、形を問わずです。

    金額も最小限で済みます。



    ちなみに、確実に取るコツは「隙間よりちょっと内側を狙う」です。

    アームが箱に着くと本体の重みでアームが少し横に滑って隙間に入ってくれます。

    これは、隙間ギリギリを狙わなくて済むというメリットがあります。

    アバウトで構いません。


    箱get



    箱のフタに隙間が無い、隙間があり過ぎてユルユル過ぎるなどの場合には有効ではありませんが、使える場面は結構多いはずです。


    そして、箱型の景品は豪華景品が多いので是非とも使えるときはこの技術を使ってください。

    クレーンゲームの取り方を紹介します。

    基本から、景品に合わせたGETの仕方までを解説する予定です。


    まずは基本から。


    クレーンゲーム機ですが、まず本体にはアームが付いています。

    このアームで景品を挟んで取るわけです。

    基本編として、アームについて学んでいきます。


    cgm



    景品を狙う際、「アームがどこまで開くのか」というのは狙いを定める時にとても重要になってきます。

    その目安として、「アームの角」が利用できます。

    「大体、アームの角までアームは開く」っと思っていいです。

    もちろん、個体差があるので目安です。


    cgm2



    これでアームがどこまで開くのかが分かりました。

    すると、景品の細かい位置までを的確にアームで狙うことが出来ます。

    まずは「狙いたい所を狙えるようになる」をマスターしてください。

    全てはそれから始まります。


    練習には1回100円のクレーゲーム台など安い台で繰り返し感覚を掴むといいと思います。

    あきばお〜にて。

    http://www.akibaoo.co.jp/01/commodity_param/t/0/ctc/11000000/shc/0/cmc/2700020081789/backURL/+01+main

    今なら在庫が豊富っぽいですね。

    GPSさえこれについてれば〜!!

    大きさといい、タッチパネルといい、ストライクなんですけど。

    何やら、気になる説が。

    「運動では体重は減らない。」

    運動することによってカロリーは消費されます。

    運動+食事制限で体重が減ることはあるでしょう。

    しかし、運動することによって食欲が増します。

    これにより、運動で消費したカロリーと食事の摂取カロリーが安定して、体重が変わらないという現象が起きやすくなります。

    また、痩せたとしても運動をやめればすぐに体重は元に戻ります。



    では、運動は無駄なのでしょうか。


    運動で痩せることは難しいですが、運動によって筋肉を作ることで痩せることは出来ます。

    筋肉を増やせば代謝が増しますので、食事制限などをする必要も運動を辞めたからといってすぐに太ることもありません。

    ただし、トレーニングを始めてから約3ヶ月程度は筋肉が付くのにはかかります。




    つまり・・・太るのは楽だけど、痩せるのは大変だよ〜ってことでしょうか。。

    筋肉を作るって結構な努力がいりますもんね。。

    な、なんでこんな体になるまで放っておいたんだ・・・自分。(泣)


    とりあえず、筋肉が出来るまで頑張ってみます。

    Androidアプリにコロプラが登場☆

    http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1008/20/news084.html

    面白そうですね〜☆

    暇つぶしにいいかも!



    そういえば、社会人になって以来10キロ近く体重が増えたんですけど、
    ようやくダイエットを決意しました。

    ダイエットというかシェイプアップ。

    10キロ増量で体重が安定しているので、原因は筋肉量の減少な気がします。

    これが年を取る&座り仕事なんでしょうね。。


    思えば、20歳を過ぎた頃から体重が増加し易くなり、痩せにくくなってきました。

    昔は夏になると自然と痩せてたんですが・・・。

    体も心もオッチャンになっちゃったらダメですよね!


    目標は10キロ減です!!

    食事量は減らさず、筋トレ&縄跳びで痩せたいと思います。

    コマッチョになって、来年の夏こそは自信持って海 or プールに行きたいです。



    現在、チャレンジ1週間目で-1.5キロとなっております。

    メニューは以下。

    【 平日 】
    会社:階段の上り下り 4回(1〜8階まで)
    夜10時〜:縄跳び 30分
    (運動前にヘルシアを飲む)

    【 休日 】
    縄跳び 30分 3回(朝・昼・晩)


    iPhoneの体重管理アプリで毎日朝・晩の体重を記録中。

    ちなみに昔、陸上競技で左膝を痛めてから長い運動が出来ないので、このメニューとなっております(泣)

    iPhone 3Gのホームボタンが利かなくなってきました。

    まだ一年ちょっとしか使ってないのに。。

    どうやら、3Gのホームボタンに使われている金具に問題があるようです。

    これは3GSから改善されたそうですけど。。。

    ホームボタンが使えないとどうしようもないんですけど!!

    iPhone4に機種変するか、修理するか以前にiPhoneをやめようかなって選択肢も出てきますよ。

    ただね〜〜〜〜、なんだかんだでiPhoneって良いオモチャなんですよね。

    人気があるからハッキングも進んでるし。

    その流れでiPod touchがちょっと欲しいですもん。

    さあ、どうする、どうするの、俺!

    glv_os9-0009-000


    http://store.shopping.yahoo.co.jp/glv/os9-0009-000.html

    ずっと欲しかったんですけど、どうしよ〜。

    ちなみに、オプションでマスクもあります。

    glv_os9-0039-000


    格好良いなー!!

    ヘルメットはやっぱりこだわりたいですからね。




    この時期、バイクに乗ると陽が痛いですよね〜。

    っと思ってたら格好良いのがありました!

    http://item.rakuten.co.jp/freeline/sumshildcarbon/

    コレ、いいですね♪

    思うに、スポーツショップで似たようなのがある気がしなくもない。

    今度探してみよう♪

    ただ、デザインは断然いいですね。

    探して、気に入ったのがなければ買うかもしれません☆

    HKXの新しいバージョンが出ていました。

    HKXはかなりサクサク動いてくれるので好きです。

    ただ、アプリが時々動かなかったり不具合もまだあったりしましたけど。

    あまり大きな変更点は無いみたいですけど、動かして楽しもうと思います☆

    面白そうな記事を見つけました。

    http://monoist.atmarkit.co.jp/fembedded/articles/filesys/06/filesys_06a.html

    カーネルのデバッグとかあんまり考えてなかったな〜。

    ちゃんとLinuxを理解するには大切なことですよね。


    よし、暇を見付けてチャレンジしてみよう!

    カーネルをイジれるようになれば便利だと思いますからね☆

    単体テストを支援するEclipce用のプラグインとして以下が今注目されているようです。

    Quick JUnit
    http://quick-junit.sourceforge.jp/

    Mockito
    http://mockito.org/

    テストファーストが注目され続けていますので、こういったツールの利用は必須なんでしょうね。

    JAVAの開発はあまり経験がないので、ピンとこないのですがJAVAでの開発とテストファーストは早く取り掛かっておきたい開発手法の一つです。

    テストファーストは初めは慣れが必要らしく、慣れると驚く成果がある。

    っということを耳にします。

    コストを考えると、慣れるまでにどれぐらい時間がかかるのかが胆ですよね。


    色々なスキルを身に付けたいなと思います。

    このページのトップヘ