トレンド最新情報ハンター

トレンド・最新情報・節約情報・タイムセールなど、日々の最先端情報を発信します。

    2010年12月

    s-IMG_5564


    PocketWifi用のシリコンケースを購入しました。

    価格は1980円。

    購入先はskiny material

    カラーバリエーションが豊富です。
    WS000007


    価格もお手ごろなのでお勧めですよ。

    一部のシリコンケースにありがちな埃がバリバリ付くようなこともない、よく出来たシリコンです。

    しかも、オシャレなのがいいですよね〜♪

    PocketWifiの横に写っているのは革製の携帯電話ケースです。

    ベルトにつけて使います。

    これにPocketWifiを入れて腰につけて持ち歩いています。

    紫の革に合わせてシリコンケースは青にしました。

    Awesome Drop


    このアプリがスゴイです。

    ドラッグアンドドロップで簡単にPCからAndroid端末にファイル転送が出来ます。


    【使い方】

    1.Android端末に「Awesome Drop」というアプリをインストールします。
    2.アプリを起動
    3.PCのブラウザから上記のAwesome Dropのサイトを開く
    4.サイトに表示されている4桁の文字をAndroid端末に入力
    5.ブラウザにファイルをドロップ

    すると、Android端末にファイルが転送されます。
    ケーブルレス・簡単・便利です。

    すっごい便利なのでお試しあれ。

    AndroidにSkypeを入れたのですが、サインイン中の状態から一向に先に進まず断念。。

    サインインが出来ないってどうんってるんだよ〜。

    ってことで、別のアプリからSkypeを利用することにしました。


    インストールしたのは「truphone」。

    もちろん無料通話が出来るアプリです。

    このアプリはSkype、MSN、Googleトークなどのサービスが使えます。

    はじめに出てくるユーザー登録を済ませ、使うサービスを追加したら準備OK。


    通話は1,2秒のタイムラグはあるものの、無料と思えば問題なし。

    これでiPhoneなどキャリアを超えた通話が可能になりました。


    WS000006


    貼る電子マネーです。

    その名も

    「WAON用電子マネーシール for iPhone 4」
    「nanaco用電子マネーシール for iPhone 4」
    「Edy用電子マネーシール for iPhone 4」

    です。
    発売時期は2月以降だそうです。
    for iPhoneと書かれていますが、別に他の端末でも使える気がします。
    特別な認証などないでしょうし。

    それにしても、これは便利ですねー!!!
    色々なものにペタペタ貼れるじゃないですか♪

    これで、iPhoneやCiPhoneが電子マネー付きの携帯に早変わり!
    時計だったり、音楽プレーヤーだったり使い方はたくさんですね。

    コレ、ほっすぃ!

    CiPhone A3を使っていて困ったことがいくつかあるので報告。

    ・タッチパネルが誤作動

    何故だか理由は分かりませんが、充電直後・電池切れ直前・手汗をかいている場合などに頻発している気がします。

    現象としては「タッチしているのに認識しない」「別の場所がタッチされる」「勝手に画面をタッチしたことになっている」などです。

    勝手に連打を頻繁にされると結構困ります。。

    少し時間を置くと正常に動作するのでいいんですけど、重要な作業はあんまり出来ないなと思っています。

    とはいえ、9割方正常に動いているので良しとします。(笑)

    s-IMG_5066


    さて、CiPhone A3の質感ですが、メタリックな感じです。

    天板と裏はプラスチックですが、安っぽい感じじゃないです。
    ツルツルのピカピカでシッカリしています。

    硬質プラスチックかどうかは分からないので、キズ防止に両側に保護シートを貼っています。

    ただ、安物によくあるフニャフニャ画面じゃないです。
    シッカリ作ってあるからなのか、重さはiPhoneよりは重い。

    s-IMG_2801


    ディスプレイの映りですが、キレイ!
    これが一番の感動でした。
    バッテリーとディスプレイは携帯端末の命です。
    バックライトもかなり明るい。

    タッチパネルも良好。
    若干、感度が良すぎる気がするので慣れが必要な感じ。


    そういえば、このCiPhone A3の充電ですが付属の充電器もいいのですが、この充電器を使うとなぜか充電中は端末の操作が出来なくなります。

    そういう仕様なのかな〜っと思いきや、このCiPhone A3はiPhone・iPodの充電器がそのまま流用できます。
    そして、iPhone・iPodの充電器を使うと充電中も端末の操作が可能です。
    信頼性の意味からも充電器はそちらがいいかもしれませんね。

    iPhone・iPodの充電器が使えるので、市販の緊急用充電器など用意しておくと便利です。

    s-IMG_2051

    ちゃんと充電出来ます。

    っと、外観的にもクオリティは高いです。
    今のところこの端末は満足・満点です。
    僕にとっては、待ちに待った理想の端末。
    スゴく嬉しい!!

    CiPhoneのレビューの前に現状を記録。


    現在、CiPhone A3を使用する際に、ネット環境としてPocketWifiを利用しています。

    これさえあれば、CiPhoneも通話はSkype、メールはGmailなどなど工夫次第で携帯電話に近い便利な使い方ができます。

    っが、このPocketWifiが曲者。

    節電として、PocketWifiに何の端末も接続していない状態が一定時間が経過するとネット接続を切るように設定しています。
    すると、Android側でPocketWifiに再接続しようとしても無線LANを探しきれずに接続できないという事態が発生中。

    ちょっと待ってよ〜。
    iPhoneだとちゃんと接続出来るのに〜。

    調べてみると、どうやら認証をWPA2にしているのが原因かもしれないという情報をGET。
    帰ったら、認証をWPAにして再接続してみようと思います。
    あんまりWEPやWPAは使いたくないんだけどな〜。



    追記:とりあえず、WPA・ステルスモード解除で対処しました。
    しばらくは様子を見てみます。

    さて、CiPhone A3ですが、最初は機能面でのレビューを多少したいと思います。

    まず、以前の記事で記載した機能以外に以下の機能がありました。

    ・Bluetooth
    ・カメラのフラッシュライト

    この2つって意外と便利なんですよね。
    個人的には無くてもいいんですけど「あると便利」です。
    あと、FMラジオもありましたが、まだ試していません。

    そして、本体の処理速度。

    「そこそこ」です。

    感動するような速さはありませんが、モタつくようなこともないです。
    むしろ、iPhone3Gよりは快適。
    僕の3Gちゃんはもうお年寄りみたいです。。
    国内端末程度に「普通」に動作します。
    中華の商品でこの「普通」が手に入る感動。
    これはプライスレスですよ。本当に。
    APadと呼ばれているMoonse E7001がどれだけ安っぽかったか。。

    ちなみに、動画再生やYoutubeは快適そのものです。
    サクサク動くので、メディアプレーヤーとしても優秀。

    次に音質ですが音量が少し小さいかな〜って程度。
    音質自体は良いですよ。
    文句なしです。

    次にバッテリー。
    中華系では一番心配ですよね。
    Moonse E7001は「家専用」としか使えないぐらいでした。
    っが!!!このCiPhone A3は違います。
    普通に「ネットを暇な時に」「ちょっとGPSで散歩」って程度なら余裕で一日持ちます。
    国内の普通〜の携帯電話程度です。
    感激!


    機能面では本当に文句なしです。
    そこら辺で売られているAndoroidより全然良いですよ。
    価格、パフォーマンス、どれも上です。(IS03にはさすがに負けそうです)


    ただ、困ったことが一つ。
    この端末が悪いわけではなく、Android自体の問題なんですが端末に登録したGoogleアカウントがどうやっても削除できない。
    マーケットの利用が出来ないアカウントで間違えて登録してしまい、現在はマーケットの利用が一切出来ない状態なんですよね。。
    せっかくマーケットがあるのに。
    野良のマーケットを入れるしかないか。。
    「工場出荷状態にリセット」というのがあるのですが、そうすると本体電源を入れた時のブート画面でフリーズ。
    確か、ZT-180とかもそんな状態だと聞きます。
    ファクトリーモードにリセットがあるのかと思いきや、それらしいのは無く唯一「Clear Flash」という項目だけがそれっぽい。
    しかし、それは怖すぎる・・・。
    意味合い的にフラッシュROMの全消去な気がしますし。。
    どうするんだよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。


    まとめると、日本の携帯やスマートフォンと比較しても内容的には引けを取りません。
    次回記述しますが、外観・質感でも国内製品と張り合えると思っています。
    なぜiPhone4のクローンにわざわざしたのかも不思議なぐらい。
    本当にスゴく良いです、「CiPhone A3」!

    Androidに一度登録したGoogleアカウントを変更したくて、本体の初期化をしてみました。


    ・・・が、初期化後の再起動でAndroidのマスコットキャラが表示されてから一向にAndroidが立ち上がりません。


    まさか・・・壊れた?初期化で?ありえなくない?


    これが中国か!!!!


    諦めるしかないか〜。


    っと思いましたが、とりあえずやれることはやろうかと。


    1.キーロック状態へ(サイドのキーロックボタンを下ろす)
    2.全部のボタンを同時押し
    3.同時押ししながら電源ON

    すると、ファクトリーモードが立ち上がります。

    その中から、今回は「Reboot」を選択。


    結果・・・Androidが立ち上がりましたー!!!!
    もうダメかと思った。。


    結局、Googleアカウントの削除・変更は出来ませんでした。
    不便なんですけど。。

    s-IMG_8588


    なにやらフニャフニャの箱が到着。
    っと思いきや、その中にはしっかりした箱が。

    その箱を開けると・・・CiPhoneが!!!

    s-IMG_2654


    バッテリーが2つもあります。
    すげぇ。スペアのバッテリーとか有難過ぎる。

    充電器はUSB、コンセント、シガーソケット用があります。
    至れり尽くせり。

    しかも、4GBのマイクロSD付き。
    更に、マイクロSDリーダー付属。

    更に更に、スクリーンシートが2枚。
    裏フタも2枚付き。
    すげぇ。
    s-IMG_8718


    更に更に更に、専用ハードケースが付いていて最初から装着済み。

    これでお値段が約15000円とは。

    とんでもなくお買い得です。
    何か、後ろにマークがあるのが気になりますが・・・。

    次回はレビューをします。

    購入先は2010年12月06日の記事を参考にどうぞ。

    出張に行ってました!

    ようやく更新再開です。

    Androidの魅力って何でしょうね。
    iPhoneとAndroid端末を比較して思うのですが、どっちもどっちなんですよね。

    両方素晴らしい。

    【iPhone】
    まずは良い点。

    ・アプリのレスポンスが優秀
    ・使いやすい
     iPhoneは初心者に優しい配慮が随所にあり、初めてでも直感的に多くの機能を利用できます。
    ・アプリへの安心感
     審査が厳しいのでどことなく安心感があります。

    あえて、不満点をいくつか挙げると以下です。

    ・拡張性の乏しさ
    ・アプリ開発の敷居の高さ
    ・使えるアプリは有料

    拡張性の乏しさは、まあ仕方ないのかなと割り切っています。
    しかし、アプリ開発の敷居の高さは少しガッカリ。
    当然ですが、Mac OSが必要です。
    そして、出来たアプリにも数々の制限があるので公開できる自由度が低い。
    この辺でiPhoneは自分の中の「スマートフォン」というカテゴリから少し外れます。
    機能が限定的なイメージ。
    そして、有料アプリが多すぎるなという気がします。
    iPhone愛というよりは商売の流れですね。


    【Android端末】
    ・使える無料アプリがたくさん
    ・自由度が高い
    ・アプリ開発の敷居が高い

    iPhoneでは有料なアプリもAndroidだと無料なものがほとんどです。
    開発者からAndroid愛を感じます。
    オフライン地図や、電車の乗換案内、ドキュメント系のアプリなどなど。
    制限が少ないためアプリの自由度も高い。
    なので、アプリ開発も気軽にチャレンジできる。
    すでにAndroid端末があるならば、自分専用のアプリなども作ることが可能。
    これが夢というか、自分にとっては理想像。

    不満点は以下。

    ・アプリのレスポンス
    ・アプリのほとんどが海外もの
    ・PC関係に多少詳しい人向け

    でしょうか。
    アプリのレスポンスだったり、使い方が玄人好みだったりと、ほとんどが妥協点というか仕方ない部分があります。
    端末のスペックに対してのレスポンスはiPhoneには敵いません。
    し・か・し!
    「iPhone 3G」を使っている自分には最近のAndroid端末のレスポンスには感動しました。
    みんなが「モタつく」と言っているのに「爆速」に感じましたから。。
    どんだけ時代遅れになっちゃってるんだiPhone 3G・・・。


    っと、結局は端末としての方向性が若干違うってことですかね。
    個人的にはやはりAndroidを支持。
    ただし、携帯電話としてiPhoneを支持します。
    Androidはイジって遊んでなんぼ、iPhoneは簡単に使えてなんぼです。

    このことから、Androidはアプリ開発者、ガッツリと携帯端末を楽しみたい方にはとても魅力があるものだと言えます。
    iPhoneは気軽に携帯電話以上のことをというところに魅力。
    さーて、僕もAndroidアプリ開発を勉強していかねば!

    WS000005


    IMobile 3610

    何か、こんなんが出てました。

    「IMobile 3610」

    思いっきり「XPERIA」って書いてあるんですけど。。

    恐るべし中国。


    しかし、この端末はデュアルブートなのです。

    Android2.1とWindows mobile 6.5が動きます。

    すっげぇ!!

    更に、カメラ、GPS、WiFi、Bluetooth搭載。

    すっげぇ!すっげぇ!!

    そして、お値段は183ユーロ。(1ユーロ110円としたら20130円)

    恐るべし中国。

    このコストパフォーマンスならパクリデザインじゃなくていいのに。。

    GoogleがChrome Web AppStoreをオープンしましたが、そこに面白いWebアプリがあるそうです。

    「Fiabee」

    これは、複数のAndroid端末のデータをこのWebアプリで一括管理が行えるものです。

    しかも、ドラッグアンドドロップでデータのやり取りが行えるという優れもの。

    管理が楽そうですね〜。

    利用には端末側にもマーケット公開中のFiabeeアプリをインストールする必要があるそうです。

    Ciphone A3が無事に届いたら是非使ってみたいと思います。

    Fiabee

    WS000004

    WS000005


    Googleがとうとう「Chrome OS」搭載パソコンの発売を決定しました。

    PC名は「Cr-48 Chrome Notebook」。

    まずは試験的に教育機関や開発者に販売されるそうです。

    12インチ液晶、バッテリー駆動時間は8時間、USB、SDHCメモリカードスロット、重さは1.7キロなどなど。

    PCにGoogleのロゴだったりというのが見当たりませんね。

    本当にロゴ無しPCなんでしょうか。

    すっごいシンプルで個人的には好感度があります。

    使い勝手が気になりますね!

    iPhoneアプリの「Viber」とはなんなのか。

    ズバリ、無料通話を可能にするアプリです。

    ただし、Skypeとはちょっと違います。

    ViberアプリをインストールしているiPhone同士の通話が無料になるのですが、このViberはアカウント登録などは一切必要ありません。

    Viberをインストールすると、iPhoneの電話帳と同期します。

    そして、iPhoneにViberをインストールしている友達がいれば電話帳の端に「Viber」と表示がされ、一発で誰がViberをインストールしているのかが分かります。

    SkypeのようにIDを交換しないといけないという不便さがありません。


    また、このアプリ素晴らしい点はアプリを終了していても大丈夫ということ。

    常時起動している必要がないのです。

    つまり、電池を消費しない。


    そして、なんとAndroid版も現在開発中なんだそうです。


    とうとう、キャリアを超えて本当に無料通話が出来る時代がきましたねー!!

    WS000004


    クリエイティブからAndroid端末が発売です。

    Creative ZEN Touch 2(with GPS)


    なんと、GPS搭載。
    Pocket WiFiと組み合わせれば便利になります。

    これでお値段が20800円です。

    800円は削って欲しかったな(笑)


    仕様は以下。

    ストレージ容量:8GB
    スクリーンサイズ:3.2インチ
    ディスプレイ:抵抗膜方式タッチ
    解像度:480×320
    OS:Android 2.1
    Bluetooth 2.1+EDR
    無線LAN IEEE 802.11 b/g/n
    カメラ:2メガピクセル
    内蔵マイク
    内蔵スピーカー
    Gセンサー、GPS
    FMチューナー

    これで2万円は良いと思います。

    今までのAndroid端末は当たり外れが大きかったですからね。

    僕はCiphone A3を買った(?)ので手が出せませんが。。

    確実なAndroid端末が欲しい方には丁度いいかと。

    WS000001
    WS000002



    購入先

    iPhone4のクローンです。

    商品名は「CiPhone A3」

    スペックは以下。

    OS:Android 2.1
    CPU:MTK6516 600MHZ
    512MB ROM+256MB RAM
    WIFI:802.11b/g
    GPS
    解像度:320*480
    カメラ:200万画素
    言語:English/ Simplified Chinese/ Traditional Chinese

    価格は148ユーロ。(1ユーロ110円として16280円)

    安いですね〜!

    しかも、静電容量方式。



    ちなみに、日本語に対応していませんが、Androidアプリの「More Locale」を使用すれば日本語化が出来る気がします。

    個人輸入をするべきか。。

    すっごい欲しい。。

    iPhoneでPDFファイルを手軽に閲覧したい。

    その願いを叶えるiPhoneアプリをインストールしました。

    「PDFReaderLite」


    もちろん無料です。

    Wifi経由でPCにあるPDFをiPhoneに転送して閲覧することができます。

    使い方は簡単。



    【使い方】

    1.アプリインストール後起動

    2.画面左下のPCアイコンをタップ

    3.「Wifi」を選択

    4.画面に表示されているURLにPCのブラウザでアクセス

    5.PCのブラウザで表示できたページでPCにあるPDFファイルを選択

    6.Submitボタンを押下

    7.アップロード完了


    これでiPhoneにPDFファイルの転送が出来ました。

    あとは閲覧すればOK。

    超便利。

    マルチメディアプレイヤーの「Winamp」が最新版を公開しました。

    Androidアプリの「Winamp」をインストールしたAndroid端末とPC用の「Winamp」とで無線LAN経由で音楽ファイルを同期 出来ます。

    ワイヤレス同期機能をオンにすれば簡単に同期が出来るそうです。

    画期的というか、素敵ソフトですね。

    是非、利用したいと思います!


    Winamp

    BlueStackSystemsがWindowsPC上でAndroidアプリを利用できる「BlueStacks for Windows」というソフトを発表したそうです。

    っということは、Windows7搭載のタブレット端末は結構有利になりますね。

    ただ「価格は未定」という情報があるので、有料な可能性があります。

    有料は嫌だな〜。

    Windowsを使いながらAndoroidアプリも利用してスマートフォンの良いところもっという人には良いかもしれません。

    それこそ、用途に合わせて何でもしたい人に。


    ちょっと思うのは、やっぱりWindowsタブレットはスマートフォンのような使い方には向いてないということですかね?

    元々、無理やり感がありましたしね。

    そう考えると、AndroidとiOSはコンセプトがハッキリしていてよく出来てる!

    改めて、クオリティに感動です。

    WS000002


    WILLCOMが新しいプランを発表しました。

    【新ウィルコム定額プラン】
    月額1450円
    メールの送受信無料
    ウィルコム間の通話が24時間無料
    携帯端末、PC接続でのパケット料金が0〜2800円

    安っすいですねー!
    PC接続が出来てこの料金。(最大4250円)
    他社だと、パケット定額で4000円越えは余裕ですからね。

    しかも、これに加えて新しいサービスが加わりました。

    【誰とでも定額】
    月980円
    他社携帯とも10分以内の通話なら月500回まで無料

    すげぇ!!
    自分は用件伝える程度の電話がほとんどなんで、これは願ったり叶ったり!

    あとは、機種が充実してくれればバッチリですね。
    Android出ないかな〜♪

    このページのトップヘ