トレンド最新情報ハンター

トレンド・最新情報・節約情報・タイムセールなど、日々の最先端情報を発信します。

    2012年06月

    Googleが販売する「Nexus 7」。

    日本じゃ販売が未定ですが、いつかは買うことが出来るでしょう。
    199ドルであのスペックはスゴい。
    CPU、解像度、ヨダレものです。
    フロントカメラ、GPS、Bluetooth、マイク、全て揃ってます。

    個人的には7インチというサイズが気になります。
    これは文庫など電子書籍を主に読むサイズなんだと認識しているので。
    そして、たまにネットサーフィン。

    ただし、快適にネットサーフィンがしたいのであればディスプレイサイズは10インチは欲しい。
    っとなると、やはり書籍閲覧がメイン。
    持ち運ぶにはポケットに入らないので、バッグが必須。
    3G回線は使えないので、やはり家やカフェなどWi-Fiが使える環境で落ち着いて使うという形になるでしょう。

    ・・・10インチが欲しい。
    これの3G対応のSIMフリーモデルを出して欲しい!

    でも、7インチにしてこのスペック。
    妥協してもいいかなと思ってしまいます。
    いや!むしろ妥協したい!(笑)

    日本発売を待って、お金を貯めておこうと思います。

    今、イオンSIMを使っていますが、解約しようかな〜と思っています。
    IIJmioを契約しようとも考えましたが、結局は千円弱の料金がかかりますので。

    いざという時にイオンSIMのようなものがあると便利なのですが、使用頻度の問題ですね。
    今はN-04Dでテザリングが出来ますので、使用頻度が低ければ解約した方がいいように思いました。


    どこかに以下のようなサービスがあればいいのにな〜。

    1.基本料金無料(通信が発生した月のみ980円の料金)
    2.中間プラン(300MB高速通信クーポン付き月額1500円)

    って感じの。
    そうすれば、AmazonSIMと競合しませんし、良い感じのプランだと思うのですが。
    ライトユーザーに優しいですし。

    ってことで、色々な会社に問い合わせてみましたが、そのようなプランが出る予定は無いそうです。
    残念。

    分かってはいたのですが、接続がmoperaだとテザリングって使えないんですね。
    moperaでもテザリングが出来る場合があると聞いたのですが、N-04Dではダメでした。

    mopera・・・VNP接続が可能
    spモード・・・テザリングが可能

    上記の特徴があり、普段はVPNを使って自宅PCにアクセスする機会が多いため、moperaを選択していました。
    しかし、解約したiPhoneを持ち歩くようになったので、このままだとモバイルルーターも持ち歩くことに。。
    荷物は出来るだけ少ない方がいいですよね。


    ってことで、せっかくなんでspモードも追加契約。
    APNは普段はmoperaを選択しています。
    テザリングをしたい場合は、わざわざspモードを選択しなくてもよいみたいです。
    自動で接続が切り替わるようです。
    とりあえず、spモードの追加契約でテザリングが可能なことを確認。
    315円追加でテザリングが出来るなら安いもんです。


    ただ、問題が・・・・。
    テザリングを使うと、N-04Dの電池切れが早い!
    ただでさえ、電池持ちが悪いN-04Dなのに。
    一応、何もしなければ朝8時から持ち歩いて、日付が変わるまでぐらいは持ちはするんですけどね。

    モバイルバッテリーを持ち歩いてはいますが、N-04Dの充電は専用クレードルを使いますので、それまで持ち運ぶのはさすがにしたくない。
    なので、外出先での充電は出来ないんですよ。
    せっかくの防水スマホなんで、microUSBからの充電は端子カバーがヘタるのでしたくないですし。

    っということで、N-04Dの電池切れの予備端末としてS51SEは手放せないです。
    テザリングも出来ますし。
    何て良い子なんでしょ、S51SE。
    SIMフリー、電池持ちがスゴく良い、コンパクト、動作がサクサク。
    これでG-SHOCKとの連動が出来るならメイン機として使うのに!
    素でここまで出来る端末ってなかなか無いですよね。
    今なら、Amazonなどで15000円程度で手に入ります。
    激安。
    S51SEがW-CDMA×W-CDMAのデュアルSIMならいいのに!
    それなら、1台持ちで済むんですけどね〜。
    G-SHOCKとの連動を捨てても惜しくないです。


    こんなことをしてると、結局は荷物は減らず。。
    iPhoneも一部のアプリがただ使いたいだけですので、頻繁に持ち歩くわけじゃないですけど。
    それでも、基本はN-04DとS51SEの2台持ちですからね。

    どうにかしたいな〜と思い中です。



    ブログメールの設定が古くてメッセージを受け取れてませんでした。
    すみません。

    設定し直しましたので、今は改善したと思われます。

    N-04DでLTEをオフにして使用していますが、今までは「WCDMA Only」で使用していました。

    しかし、圏外になるとLTEが復活してしまい、再度設定をし直すという作業の繰り返し。
    そこで「WCDMA Only」から「GSM/CDMA auto」で使用することにしました。

    電波強度が強くなり、以前のように頻繁にLTEが復活しなくなりました。


    っが、WCDMAとCDMAの違いって何なんでしょ。
    GSMは日本じゃ使えないから問題なしとして。

    調べてみると、WCDMAもCDMAも使用してる帯域は同じとのこと。
    しかし、WCDMAは音声とパケットの同時使用が可能。
    CDMAは音声とパケットで使用帯域を分けている。
    そのため、どちらか一方のデータしか使えない場合が出てくる。
    WCDMAは電波の復活が遅く、CDMAは早い。

    ってことで合ってるのか・・・?
    っとまあ、今のN-04Dはデータ専用プランで契約していますので、むしろCDMAの方が良いような気がしますね。
    音声は使わないわけですから。

    ってことで、とりあえず「GSM/CDMA auto」で設定して使っていこうと思います。




    MEDIAS(N-04D)とG-SHOCK(GB-6900)の連動について。


    以前、N-04DにてAndroid標準の「インターネット通話」を設定して、G-SHOCKと連動させたところ、不在着信はG-SHOCKに通知されるが、リアルタイムな着信通知がされないという問題があると記事にしました。
    それをカシオに問い合わせたところ、下記の回答をいただきました。

    「時計側の問題ではないので、ドコモショップに問い合わせてください」

    技術部門で検証までしてくれたそうです。
    想像ですが、N-04Dから着信通知の電波さえ飛んでくれば、G-SHOCKとしては通知可能ですよと。
    しかし、今回はN-04Dから着信の電波が来ていないから、それが問題ですよってこということなのか。
    だとすると、問題はN-04Dに絞られますね。

    そして、そのことをドコモショップに質問しに行ったところ下記の回答をいただきました。

    「N-04Dの機能自体として、インターネット通話の設定に対応していないのかもしれない」
    「技術的な問題なので、対応出来るかは分からない」
    「今後、対応時期、対応可否の回答も出来ない」
    「今は対応していないと判断してもらっていい」

    説明書には標準の電話アプリは対応しているって書いてあるじゃん!
    せめて、今後に対応してもらえるのか、貰えないのかの回答は欲しいのに、それすら貰えないのはどうかと思います。。

    「改善要望だけ上げておきますね」

    ただし、要望が採用されるかは分からないらしいです。
    いやいや、どんだけ不透明なんですか。。。

    このままじゃ納得出来ないので、メールでdocomoの問い合わせると回答がありました。

    「説明書に書いてある範囲しかお答えできません」
    「カシオに問い合わせてください」

    ・・・ダメだこりゃ。
    だから、説明書には標準の電話アプリは対応してるって書いてるって。。。
    カシオは技術部で検証までして回答をくれたのに、ドコモではそれすらしてくれない。。


    とりあえず、カシオに問い合わせて下さいと書いてあるので、経緯の説明とともに再度カシオに問い合わせ中です。
    問題は確実にN-04D側なのに。。。




    FUSION IP-Phone SMARTをAndroidの標準機能である「インターネット通話」より利用しておりました。

    っが!
    遅延がすごい気になる。
    N-04DとG-SHOCK(GB-6900)を連動させて使用しているので、どうしても「インターネット通話」から利用したかったのですが、諦めようかと思います。

    使用するアプリは「Chiffon」です。
    バッテリー消費量が低い、コーデックの選択が可能という理由から選びました。
    コーデックはspeex(8000)を選択。

    すると・・・おぉ、結構良い。
    コーデックの力は偉大ですね。

    「インターネット通話」の方もコーデック選択が出来るようにならないかな〜。
    FUSION IP-Phone SMARTも、せめて不在着信時はメールで不在通知をしてくれるとかのサービスがあればいいのに。


    ちなみに、イオンSIMで試してみたのですが、speex(8000)でも通話は出来ませんでした。
    出来るという情報を見かけたのですが・・・残念。

    今、Windows7を使用していますが、Androidからリモートデスクトップ接続が出来ます。

    たまーに、家のPCを操作したくなる時があるので、そんな時に便利です。
    Androidから家のPCに繋いでプログラミング、ウェブサーフィン、ファイル操作などなど。


    さて、リモートデスクトップの準備をします。
    まずはWindows7。

    <手順>
    1.マイコンピューターを右クリック
    2.プロパティ
    3.「コントロールパネルホーム」→「リモートの設定」
    4.「このコンピューターへのリモートアシスタンス接続を許可」にチェック
    5.「ネットワークレベル認証で〜」を選択
    6.「ユーザーの選択」ボタンを押下
    7.接続許可をしたいユーザーを選択、もしくは追加してください

    以上です。
    念のため、ファイアーウォールでリモートデスクトップ接続を許可してあげます。


    次にAndroid側ですが、こちらはアプリをダウンロードするだけでOK。
    PocketCloudをインストール。


    アプリの設定ですが、PCのIPアドレスは以下の手順で調べられます。

    1.「windowsキー」+「Rキー」押下
    2.ファイル名を指定して実行で「cmd」と入力して「OK」ボタンを押下
    3.「ipconfig」と入力してエンターキーを押下

    すると、自分のPCのIPアドレスが表示されます。
    それをアプリの設定項目に入力してください。
    あとはログオンするユーザーのユーザー名とパスワードを設定してあげればOK。


    これで、同一ネットワーク上にあるAndroid端末からリモートデスクトップ接続が出来ます。
    外出先からも繋ぎたい場合はAndroid端末から家のネットワークにVPN接続後にアプリを動作させれば大丈夫です。


    このPocketCloudというアプリですが、とても良く出来ています。
    外付けキーボートとの連携や、マウス操作など痒いところに手が届くアプリです。
    フリー版ですと解像度に不満がありますが、とりあえずはフリー版で我慢したいと思います。
    出来れば有料を購入したいですね。

    便利ですので、是非やってみてください。

    このページのトップヘ