トレンド最新情報ハンター

トレンド・最新情報・節約情報・タイムセールなど、日々の最先端情報を発信します。

    2012年11月

    皆さん、Nexus7をはじめとする7インチタブレットを持ち歩く際はどのように持ち歩いているのでしょうか。

    アウターの内ポケットに入るのであれば、それが一番スタイリッシュでしょう。
    ショルダーバッグやシザーバッグに入れる人もいるでしょう。
    果たして、何が一番最適なのか。


    僕が重視するのは以下。

    1.サッと取り出し、サッとしまえる
    2.横長のバッグ
    3.財布、モバイルルーター、カードケース等も収納可能な大きさ

    1.についてですが、バッグといえば

    のように蓋があるタイプがほとんどです。
    しかし、これは意外と不便です。
    目指すはポケットのような感覚で出し入れできること。

    つまり「蓋なしタイプ」、もしくはチェックやボタンなどでシンプルに口が塞がれているバッグが良いです。
    口を開けっ放しにしておけばポケット感覚でササッと取り出しが可能です。


    2.についてですが、このような縦長タイプはスマートじゃありません。

    スクールタイプのようなイメージを持ってしまいますので、出来れば横長なバッグをチョイスしたいです。
    バナナバッグは意外と容量が小さいのでオススメしません。


    3.についてですが、7インチタブレットだけが入ればいいかというと、それではバッグとしては不十分です。
    サイフ、鍵など、小物程度は入るぐらいは欲しい。
    っとなると、シザーバッグなども不恰好ですので却下。


    以上の理由から、一番スマートなのは女性のハンドバッグタイプで、方にも掛けれる2WAYバッグがいいなと思います。

    この辺なんか蝶のアクセを外せばメンズでも良い感じかなと思いますが、小さそうですね。

    サイズは表記でみるとジャストサイズっぽいです。(Nexus7は198.5x120x10.45 mm)
    しかし、口が開き過ぎな気がするので却下ですかね。

    この辺なんかもジャストサイズっぽいです。

    これで肩紐を短くすればボディバッグのように使えないのかなと。

    しかし、実際に見てみないとやっぱり分かりませんね。
    失敗したくないですし。
    ですので、ここで紹介している商品は参考程度にしておいてください。
    バッグは現物を見て買うのが一番失敗がありません。

    っとまあ、ガジェットを持ち歩く以上、オジサンみたいなウエストポーチなどは特に避けて、ファッションと合わせたバッグを選択していきたいですね。


    いいですね〜、Nexus7。
    もう、毎日持ち歩いていますし、スマホよりも使用頻度が高いです。
    家に帰ってもPCを扱う機会がグンと減りました。

    7インチ中華タブレットを使ったことがあるので、7インチ最高!っという訳ではなく、これは「Nexus7」の力ですね。
    Nexus7が素晴らしい。
    そして、日本のスマホはダメダメだということがハッキリ分かります。
    変なカスタマイズばっかりで動作がおかしい。
    そういうのに対して、Nexusシリーズが指針を示していって欲しいなと思います。


    さて、Nexus7ですがISOファイルを再生してみました。
    使用プレーヤーは「MX動画プレーヤー」と、そのコーデック。

    感想は・・・スゴイ!
    スムーズに再生出来るし、シークバーでのスキップもサックサク!!
    映画を見ていましたが、問題は全く無しです。

    前にも説明しましたが、再生が始まらない場合はシークバーをちょっと移動させてあげれば何故か問題なく再生が始まります。

    PCにISOファイルを保存して、そのファイルを共有化してNexus7からESファイルエクスプローラーなんかでファイルにアクセスすればどこでも映画が見れます。

    ※そういえば、DVDのリッピングが違法化されましたので、これからはリッピングはしないようにご注意下さい。


    蛇足ですが、Nexus7用のクリアケースを購入しました。
    思ったより薄くはないので残念です。
    しかし、レザーケースのように重く分厚くはならないので、そこは予想通りで満足。
    もっと薄っぺらくて軽い商品が出ればいいのですが、今はこれで我慢。


    無料でネットショップが作れるという「BASE」がサービスを開始してから好調のようです。


    この手のサービスはショップの作成から、商品の登録、管理が大変楽だという特徴があります。
    更に嬉しいのは商品のクレジット決済が可能だということ。

    BASEと似たところでは、先行していたStores.jpというサービスがあります。
    どちらにどんな特徴があり、どんな違いがあるのか自分なりに調べてみました。


    BASE
    クレジット決済の場合に限り、3.6%+40円の手数料支払い。
    決済方法は銀行振込、代引き、クレジット決済。
    クレジット決済の場合は2万円以下だと引き出しの際に振込手数料に加えて500円の事務手数料がかかる。
    引き出し申請を行なってお金は引き出す。
    商品登録数に制限なし。


    Stores.jp
    売上の5%を手数料として支払う。
    決済方法はクレジット決済のみ。
    翌月末日に指定口座に振込。(振込手数料250円)
    つまり売上があると毎月250円が必ずかかる。
    商品登録数に制限あり(5点まで)
    有料プランになると制限無し(月額980円)
    送料設定は一律。


    なかなか悩みどころですね。

    BASEの方は少額な商品の販売には向かないかなという印象。
    理由は購入者クレジットカード決済を選択した場合の3.6%+40円の手数料、2万円以下引き出し時の手数料です。
    ある程度高額で利益が見込める商品であれば、商品登録数が無制限、代引き、銀行振込みに対応しているBASEがいいでしょう。
    ただし、管理画面の情報が無いのが気になります。
    注文があった場合の管理画面は存在するんでしょうか。
    それがないと厳しいなと思います。

    Stores.jpは良く作られているなという印象です。
    売上が毎月振り込まれるというのはショップを開く側としては有難いです。
    振込手数料が250円かかるので、毎月それ以上の利益を得る必要があるのが注意点。
    管理画面があり、注文があった商品の状態を確認できるので好印象。
    妥協点はクレジットカード決済のみしか対応していない、無料プランでは商品登録数が5点のみに制限されるということ。
    以上のことから、少額の商品販売、商品管理を重視したい人向けかなと思います。


    今のところ、自分が選ぶとすればStores.jpかなと考えています。
    商品管理が行えるのは重要ですし、売上が上がれば月額980円払ってもいいかなと思います。
    BASEに商品管理画面があるというのであればBASEを選びますが、気になるのはクレジットカード決済の引き出し手数料。
    一般のネットショップで2万円という金額は結構厳しいと感じていますので。

    悩みどころですね。


    ずっと思っていたのですが、ゲームのダウンロード販売の価格って高いですよね。

    パッケージ代や流通コストが必要ないにも関わらず、なぜ高いのか疑問でした。
    サーバー管理費や、メンテナンスもあるでしょうが、それを差し引いても定価販売というのはありえない。


    っというのも「ダウンロード販売の価格」というのは消費者目線ではなく企業目線で設定されていると考えられます。
    なぜそうなるのか。

    答えは一つ「ゲーム販売店」が原因。

    ダウンロードのソフト販売価格が定価より安かったらどうなるでしょうか。
    今までソフトを売っていた販売店でゲームソフトが売れなくなります。
    当然、販売店はダウンロード販売に反対します。

    ゲーム会社にとっては販売店でのゲーム機本体の販売、ソフト売り上げというのは無視出来ません。
    もしも、販売店が揃って「おたくのゲーム機、ソフトは販売しません」言ってきたらとんでもないことです。
    なので、ゲーム販売店も考慮してダウンロードでのソフト販売価格は「高く」設定されているのです。


    まとめると

    <ゲーム企業>
    ・販売店の反発が怖い
    ・本当はダウンロード販売で直接売りたい(不正防止、中古販売抑止、顧客管理のメリット、バグ対応の迅速化)
    ・ダウンロードの販売価格を高く設定しなければいけないが、そのおかげで売れると儲かる

    <ゲーム販売店>
    ・店舗でゲームソフトを買ってもらわないと儲からない
    ・ダウンロード販売では中古ゲーム市場が衰退する

    結果、中途半端な妥協案でダウンロード販売の価格が高くなる。
    店舗でのダウンロード販売のチケット購入なんかが良い例です。


    消費者としてはダウンロード販売のデメリットとして「ソフトの貸し借りが出来ない」「データ保存容量不足が心配」「ソフトを中古として売れない」というのがあります。
    しかし、ダウンロード販売が以下の形式で売られていればどうでしょうか。

    <販売>
    ・コストカット分、ソフトの価格が安い
    ・一度購入したソフトは何回でもダウンロードが可能

    こうすると消費者のデメリットはほぼ解消されます。
    中古として売る人にとっては[購入価格]-[中古買取価格]=[ソフトの価格]となっています。
    であれば、初めからダウンロード販売ではこの[ソフトの価格]で売ってあげればいいんです。
    それがダウンロード販売では本来出来るはずなんです。

    それが今のゲーム業界では出来ない。
    消費者無視な状態と言っていいと思います。


    つまり、「ゲーム販売店」が存在する、今までと同じ業態のままであればダウンロード販売のソフト価格が大きく下がることはないと思っていい。
    難しい問題なんでしょうね。。。


    Nexus7ですが、Android4.2へアップデート通知が来ていました。

    さっそくアップデート。
    まだ触れていませんが、通知領域の左側を下に引っ張ると通知表示、右側を引っ張るとクイック設定が表示されるそうです。
    これは便利だなと思いました。

    マイナーアップデートですが、要所に期待できるポイントがあります。
    マルチユーザー対応は10インチタブレットなんかで特に需要が高い気がします。


    それにしてもNexus7はいいです。
    ゲームがサックサク動作しますし、全ての動作に引っかかりがなくて快適。
    っというか、安心して操作していられます。

    スマートフォンにしてもタブレットにしてもAndroid1.6の頃から色々な機種を試してきましたが、間違いなく1番の端末です。

    シェアリーWiMAXの助けもあって、常に持ち歩いてる端末。
    10インチタブレットを持ち歩いているときは苦痛でした・・・重くて。。
    7インチのサイズ、重さの便利なこと!!
    持ち運びだけではなく、サイズが大きめの手帳サイズなのでサッと外で取り出しても目立たないのが良い。

    何よりバッテリー持ちが素晴らしい。
    あまり扱わなければ2、3日はバッテリーが持ちます。
    Skype、LINE、commをインストールしたので今は3日は持ちそうにありませんが、それでもバッテリーは持ちます。
    今、SC-01DとN-04Dの出番が激減中です。
    Nexus7が主役となっています。

    ちなみに、WiMAXのルーターなんかはベルトポーチを利用するとオシャレですし便利です。

    モバイルバッテリーなんかもスマートに持ち歩けますのでオススメ。
    スーツにも合わせやすいのでフォーマルなスタイルにも良いですよ。


    タカラトミーアーツから面白い商品が出ていました。

    それは・・・食パンでたい焼きが作れる「おかしな食パン たい焼きコース」です!
    どうやら、大きいサイズが作れる親たい焼き、小さいサイズの子たい焼きの2種類があるみたい。

    これ、お弁当にいいですね。
    惣菜を詰めると良さそう。
    中の具を詰めるのも簡単に出来るように工夫されているそうです。

    僕は買うなら断然「親たい焼き」です。
    ジャムとマーガリンを詰めて、ここぞとばかりに脂肪を蓄えたいと思います。



    マグネットスリープがあり、出来るだけ安価な製品ということで探していたケースですが、注文していたケースがようやく到着。

    NCM_0103


    色はAmazonの写真と同じ感じでしたので問題なし。

    使用感ですが、、、ケースを付けると重い。。
    重さが倍になったというわけではありませんが、明らかに重いというのが分かります。
    プラスチック部分が分厚いせいでしょうか。

    プラスチック部分が分厚いので、厚みも1.5倍になったような感覚に陥ります。
    Nexus7を使用する際も片手操作がしづらい。
    ですので、このケースをつけると両手操作が主になるかと思います。
    ケースを使用しなければフリック操作なんかは片手で楽に行えますが、ケースを使用するとそれが困難だからです。
    指が長い人だといいのかも。

    マグネットスリープ機能は問題なし。
    誤作動もありません。

    全体的に安っぽさを感じさせる作りです。
    実際に安いので文句は言えませんが、蓋が画面に吸着せずにカパカパしていたりと随所に気になる点がありました。

    とりあえずでケースを買いたい、カラフルなケースが欲しいという人にはオススメ。
    全14色ありますので。
    ちゃんとした長く使えるケースが欲しいという人はもっとしっかりしたケースをオススメします。











    shareee!WiMAXを申し込んで7日目。
    ようやく「AtermWM3600R」が届きました!

    NCM_0102


    ちなみに、クレードルなんかはオプション品ですので付属しません。

    特に何もすることなく充電&スイッチオンでネットに繋がりました。
    念のため、ステルス機能をオンにしました。

    いや〜、結構いいですね。
    ウチ、田舎なので、対応エリア外だったんですけどギリギリ電波が入っております。
    これで月額1980円はお得。
    初期費用はすべて無料ですし。

    1年後に忘れずに解約するようにすれば良い選択肢だと思います。
    迷っている方は是非申し込んでみてはどうでしょうか。


    Nexus7ですが、現在は裸で使っております。
    僕がじゃありません、Nexus7が裸です。

    気になるのは「指紋」。
    手に汗をかきやすい自分も悪いのですが、まあ画面が速攻で汚くなります。
    なので、せめて液晶保護フィルムぐらいは買おうと思って注文しました。

    買ったのはコレ。
    なるべく安いものをと思って選びました。


    アンチグレアタイプのものを選ぼうかと思いましたが、高解像度な液晶の場合はアンチグレアフィルムだと勿体無いんですよね。
    画面がボヤけるので。
    反射が気になりますが、グレアタイプにしました。

    届き次第、指の滑り具合などレビューしたいと思います。


    WS000029


    電子書籍で有名な「BookLive」が電子書籍リーダーを販売します。
    『BookLive!Reader Lideo(リディオ)』
    です。

    なんと、WiMAX対応で、通信料はタダ!
    Kindle Paperwhiteと同じコンセプトモデルですが、こちらは3GではなくWiMAX。
    カバーエリアに不安がありますが、通信速度では圧倒しているものと思われます。

    端末は電子インク採用のモノクロ。
    「BookLive」は漫画と文庫本が中心ですので、ベストなディスプレイだと言えます。

    肝心なお値段は8,480円(税込)。
    安いですね。
    Kindle Paperwhiteが12980円ですので、価格でも圧倒しています。
    漫画しか読まないという方は『BookLive!Reader Lideo(リディオ)』は選択肢として良いと思います。

    発売日は12月10日。
    11月19日からBookLiveでは予約を受け付けるそうです。

    BookLive


    購入特典で2000円分のクレジットが貰えたので、そのクレジットでゲームを購入しようと思います。

    元々、僕はスマホでゲームはあまりしません。
    バッテリーの消費は激しいですし、コントローラーを使って操作が出来るわけでもないので「ゲームをする」にはタッチパネルは向かないと思ったからです。

    しかし、せっかくのNexus7ですし、7インチタブレットは電池が切れたからといって不便するわけでもないので、珍しくゲームをしてみようと思ったわけです。


    購入したゲームは「N.O.V.A.3」。

    Google Play

    オーソドックスなFPSゲーム。
    このゲームがグリグリ動くなら面白そうだなと判断しての購入です。

    結果、動く!快適!画面デカイから迫力ある!
    7インチってゲームするにしても良い大きさですね。
    タッチ操作がし易い。
    片手で持てる、程よく指が画面に届く。

    ゲーム時代も値段相応によく出来ていて面白い。
    やり込めるゲームです。

    ただ、いかんせんタッチパネル。
    ゲームが操作し辛い(汗)
    PS3のようなコントローラーが欲しい。。。
    「SMACON」が安くなればいいんですけどね。


    なので、あまり複雑なゲームは楽しめないかもしれません。
    現状では遊ぶならRPG程度がベストかも。
    惜しい、実に惜しい!


    Nexus7ですが、今のところ保護シートもケースも付けずに持ち運んでおります。
    素で十分な端末です。

    しかし、念の為にケースを購入しようと以前にも言いました。
    製品はコレ。


    他に何かあるかな〜と思い、ネットを徘徊していると他にも面白いケースが1件。
    Nexus7用のキーボードケースです。



    これって便利なのかな。
    よく見ると、重量が200gを超えてる・・・Nexus7の重量と合計すると重くなりそうだな・・・。
    でも、便利そう。
    キーボードはポケモンキーボードが2台あるので、1台をNexus7用にしようと思っていました。
    たまーにですが、キーボードがあると便利だなという状況があるんですよね。
    どうしようかな。。。

    いっそ、ケースを買わずに雑誌の付録についてくるマルチケースとかで我慢するという手もあるんですよね。
    うーん、そっちの方が持ち歩きはスマートな気がしてきました。。。
    その場合は、必要に応じて、ポケモンキーボードをバッグに突っ込んでおくか。
    もしくは、折りたたみキーボードを買って、マルチケースにNexus7と一緒に入れて持ち歩くか。
    いや、でもキーボードはポケモンキーボードが断然使い心地が良いんですよね・・・。

    なに、この自分のウジウジ具合(笑)


    NCM_0101


    衝動買いしちゃいました!

    ベスト電器に行ったところ、Nexus7が展示してあったので「在庫あるんですか?」と聞いたところ「あります」と言われたので「ください」と言っちゃいました。
    さらば!貯金!

    にしても、Nexus7は予想より良いです。
    全てがシンプル。
    動作もヌルヌルなので、シンプルさが際立って気持ちいい。
    何より、余計なアプリが本当に何も無いのが精神衛生的に良い。
    ドコモのタブレットを買わなくてよかったです。

    今、GooglePlayミュージックを楽しんでいますが、スマートフォンと違ってスピーカーの音量が大きいのが嬉しいです。
    よく、音量をMAXにしても聞こえない機種なんかがありますから。
    地味ーに嬉しい部分です。

    そして、自然と片手持ちをしている自分がいます。
    意識せずとも、自然とそんな持ち方が出来る端末。
    7インチってやっぱり良いサイズなんだと気づきます。
    iPad miniは持つと、そのサイズから自然と両手持ちになります。
    まさに小さいiPad。
    ですので、片手持ちが困難なんです。
    そう考えると、Nexus7はよく考えられている。
    「片手持ち」しても、画面の外枠が程よく幅広く取ってあるので誤タッチの心配もありません。

    重さですが、全然良いですよ。
    感激する軽さはありませんが、気にするような重さはありません。
    これで19800円なのかと感動します。


    何より、UIが良くなりましたね。
    以前のAndroidのUIのダサいこと。
    ようやく、Androidとしてモダンなデザインを確立してきたと言って良いと思います。
    そのおかげで、操作するのが楽しい。

    とりあえず、初めの感想はこの辺で。
    良い買い物をしました!


    偏見かもしれませんし、たまたまそういう人たちを見る機会が多いだけかもしれません。
    Apple製品、主にiPhone、iPadを好んで使っている人たちのこと。


    ずーっと気になっていたのですが、そのような人たちは製品のモデルチェンジがある度に「最高のデバイスだ!」と言わんばかりに盛り上がります。
    それと同時に一世代古いモデルをあっさりと手放します。
    ちょっと前までは「最高のデバイス」だったはずの製品を。


    すぐにiPhoneの機種変更をしてみたり、いくつもの世代のiPadを所持したり。
    それに対して違和感が拭えません。


    デバイスは目的にあった製品を手に入れることで価値が生まれます。
    しかし、上記の人達はデバイスに「使う目的」を求めていない気がします。
    求めているのはただの「新しい製品」「最新のApple製品」。
    普通はデバイスに対して「使用目的」があり、製品の買い替えは「目的」を達成するのが所持デバイスでは非効率になった、あるいは目的を達成出来なくなった場合です。
    なので、同じようなデバイスを複数所持、同じような機能の製品に買い替えるなんていうのは「無駄」としか思えません。

    まるで、ブランドものを漁るバブル期の女性のよう。


    また、多くの人はiPhoneやiPadを「実質無料」で手に入れていますが、実際は膨大な金額をキャリアに支払っていることをちゃんと意識しているのでしょうか。
    実際は「新しいモデルが出たから」という理由だけでポンポン買い換えていい値段じゃありません。
    その気軽さが怖い。


    別にAppleが悪いとは思いません。
    ただ、消費者は冷静な判断をするべきだと思うわけです。
    iPhone4とiPhone4SとiPhone5、iPadの各世代、そんなにモデル間で大きな違いがありますか?
    モデルチェンジがあるので、違いはあるのが当たり前です。
    問題は、それが自分に本当に買い替えが必要な程の変化なのかということ。
    更に、自分がその製品を使っている目的は何なのかをハッキリさせること。


    大事なのは「自分が良い」「自分に必要」だと冷静に判断した製品を買うことだと思います。
    そういう製品は長く使えます。
    更に、そういう製品が選べる人は「買い換え時」を的確に判断出来ます。
    自分としてはそういう消費者になりたいです。


    未だにNexus7を買うかどうかを悩んでいます。
    理由は3Gモデルか、Wi-Fiモデルのどちらを買うかが決まっていないから。
    お財布と相談という状況です。
    まずはお金を貯めねば。。


    そんな中、Nexus7のケースを探していました。
    Nexus7ですが、7インチという特性から液晶保護シートだけ貼ればいいかなと思っています。
    しかし、ケースも一応持っていた方が安心なのかな〜と思い、探すだけ探そうと思ったわけです。
    ケースに求める条件は以下。

    ・マグネットスリープ対応
    ・はめ込み式のケース
    ・カラフル
    ・できれば風呂蓋が良い
    ・「念のため」という程度に考えているので、安価な製品

    っということで探しましたが、見つけたのは一つの製品だけでした。



    です。
    全14色もあるそうです。
    これなら妥協点かなと。
    Nexus7を購入できるお金が貯まったら、このケースを買おうと決めました。

    あまりバッグの中がゴチャゴチャした際はこのケースを利用しようと思います。


    このページのトップヘ