車で信号にひっかかってました。

すると、前から巨乳の女性が歩いてきたんですよ。


イッツ ラッキー!


お婆ちゃんでした。

何だか車を飛ばしたくなったよ。

YOSHIです。



この世にさ、完璧なものってあるんですかね。

俺はあると思うんですよ。

最近になって思います。

完璧なものって「無」のことなんだろうなって。

だから、完璧なものが存在してても俺達はそこに完璧なものがあることすら気付くことはないだろうなって。

そんな「完璧」に魅力はあるのかな。

魅力って不完全なものにこそあるんだと思います。

形がいびつだったり、ムラがあったり。

頭じゃわかってても、どこかで完璧を求めてしまうものなんですよね。

俺は背が低いし、足も短いよ。

性格だって偏ってると思う。

でも、それでいいんです。

弱い自分・嫌な自分・情けない自分。

素敵ですよ。

それだけ不完全な自分です。

そこは魅力に溢れてます。

だからさ、失敗しようが不安だろうが、そこにいる自分も未来の自分もきっと素敵な自分です。

完璧を求めたらつまらないよ。

つまりね、仕事だろうが遊びだろうがさ、完璧じゃない自分の素敵さを思う存分出していって欲しいんです。

もちろん恋愛でもだよ。

失敗したら、そんな自分の個性を誉めてあげようよ。

成功したら、そんな自分の努力と周りの人に感謝しようよ。

ツラいこともあるだろうな。

そしたらヘコめばいいさ。

それが勉強だから。

いつか落ち着いたら、そんな自分を抱き締めてあげればいいよ。

俺はそんな心構えも大切だと思います。


無理はしないに越したことはないです。


ちょいと心配な人がいるから、たまには真剣に書いてみるよ。

大切なのは常に「自分らしく」だよ。


では、サラバイ!