Androidの魅力って何でしょうね。
iPhoneとAndroid端末を比較して思うのですが、どっちもどっちなんですよね。

両方素晴らしい。

【iPhone】
まずは良い点。

・アプリのレスポンスが優秀
・使いやすい
 iPhoneは初心者に優しい配慮が随所にあり、初めてでも直感的に多くの機能を利用できます。
・アプリへの安心感
 審査が厳しいのでどことなく安心感があります。

あえて、不満点をいくつか挙げると以下です。

・拡張性の乏しさ
・アプリ開発の敷居の高さ
・使えるアプリは有料

拡張性の乏しさは、まあ仕方ないのかなと割り切っています。
しかし、アプリ開発の敷居の高さは少しガッカリ。
当然ですが、Mac OSが必要です。
そして、出来たアプリにも数々の制限があるので公開できる自由度が低い。
この辺でiPhoneは自分の中の「スマートフォン」というカテゴリから少し外れます。
機能が限定的なイメージ。
そして、有料アプリが多すぎるなという気がします。
iPhone愛というよりは商売の流れですね。


【Android端末】
・使える無料アプリがたくさん
・自由度が高い
・アプリ開発の敷居が高い

iPhoneでは有料なアプリもAndroidだと無料なものがほとんどです。
開発者からAndroid愛を感じます。
オフライン地図や、電車の乗換案内、ドキュメント系のアプリなどなど。
制限が少ないためアプリの自由度も高い。
なので、アプリ開発も気軽にチャレンジできる。
すでにAndroid端末があるならば、自分専用のアプリなども作ることが可能。
これが夢というか、自分にとっては理想像。

不満点は以下。

・アプリのレスポンス
・アプリのほとんどが海外もの
・PC関係に多少詳しい人向け

でしょうか。
アプリのレスポンスだったり、使い方が玄人好みだったりと、ほとんどが妥協点というか仕方ない部分があります。
端末のスペックに対してのレスポンスはiPhoneには敵いません。
し・か・し!
「iPhone 3G」を使っている自分には最近のAndroid端末のレスポンスには感動しました。
みんなが「モタつく」と言っているのに「爆速」に感じましたから。。
どんだけ時代遅れになっちゃってるんだiPhone 3G・・・。


っと、結局は端末としての方向性が若干違うってことですかね。
個人的にはやはりAndroidを支持。
ただし、携帯電話としてiPhoneを支持します。
Androidはイジって遊んでなんぼ、iPhoneは簡単に使えてなんぼです。

このことから、Androidはアプリ開発者、ガッツリと携帯端末を楽しみたい方にはとても魅力があるものだと言えます。
iPhoneは気軽に携帯電話以上のことをというところに魅力。
さーて、僕もAndroidアプリ開発を勉強していかねば!