最近のCiPhone A3について。
使い続けてのレポートをまとめます。

【動作が重い】
やはりというか、ウィジェットやアプリをたくさん入れると動作が重たくなりますね。
はじめはサクサクでしたが、今やモッサリ。

【タッチパネルの誤動作】
あと、タッチパネルの誤動作に悩まされます。
操作が出来なくなるのが非常に困ります。
どうにか改善策が無いかタッチパネルの感度も含めて思案中。

【iPhone3Gとの比較】
全体的な使用感としてはiPhone3Gの方に断然の軍配です。
同じアプリをiPhoneとCiPhone A3で起動しても、Androidではカクカクな動作になりました。
この辺はスペック的に仕方ないでしょう。
ただ、アプリの起動速度はCiPhone A3が上な気がします。
処理速度はiPhone3G。

iPhone3Gと比較といえば、カメラ機能を忘れてはいけません。
画素数や起動速度、その他機能にしてもCiPhoneの圧勝です。

【GPSが便利】
良い点はCiPhone A3にはGPSが搭載されていますので、Androidのオフライン地図アプリが快適に使えます。
出張があるので、すごく重宝します。

【Bluetooth】
Bluetoothは今のところ使っていません。
良いBluetoothキーボードがあれば購入を検討中。
いっそ、全てをキーボード操作にすればタッチパネルの誤動作対策になるかな〜っと苦肉の策として。

【暇つぶしのラジオ】
ラジオも使ってみましたが、なかなか暇つぶしにいいです。
災害時なんかはラジオって大切ですし、端末の好感度は上がりました。

【バッテリーに感動】
一番の感動点はバッテリーです。
GPSやWiFiを使うと、安価な中華デバイスは1時間持つかどうかという具合でしたが、CiPhone A3は普通の携帯並みに持ちます。
おかげで、サブ端末としては立派に役立つ。
タッチパネルの誤動作さえなければ完璧(笑)
だって、Pocket-Wifiがあるのでネット、メール、Skype、地図、動画再生、音楽再生が出来ると上手く使えばiPhoneいらず。
Skypeとメールの組み合わせは緊急連絡用としてすごく良い。
メールで相手にSkypeのログインを要求→Skype通話という流れで。

【モバイル端末として】
助かっているのは、造りのクオリティの高さです。
ディスプレイや外装がしっかりしているので、小傷が増え易かったりということがありません。
安価端末にありがちな安っぽい感じじゃないので、持ち歩く際に安心感があります。
おかげでストレスを感じません。

【Androidのフリーアプリ最高】
あとは、CiPhone A3というよりAndroidアプリの快適さですかね。
iPhoneと違って無料で便利なアプリがわんさか。
野良アプリも含めて、検索すると驚きます。

【まとめ】
まとめると、安価でここまで使えるAndroid端末は他に無いように思います。
中華端末独特の「あと一歩」な部分があるので、安心感を持つなら国内の端末をオススメします。
ただ、CiPhone A3には個人的には「偽物デザイン」というものにもジョークとして魅力を感じました(笑)
偽物でありながら、このレベルの高いクオリティはグっときます。

さあ、どうにかしてその「あと一歩」の改善策を見つけなければ。