最近、iPhoneアプリの「Drift Bottle」をよくしています。

これはメッセージ送信アプリなのですが、送信したメッセージがどこの誰に届くのかも分からない、どこの誰から自分にメッセージが届くか分からないというアプリです。

そのアプリを使っていて、「嫌なことをたくさん経験した人が幸せになる。一番苦しい思いをした人が幸せになる。」というメッセージが自分に流れつきました。

「そういう考えの人って多いな〜」

っと思いながらメッセージを読んでたのですが、この考え方には賛成出来ないなと思いました。
解釈の違いなんでしょうけど。

それだと「嫌なことをすれば自分のためになる。幸せになるためには苦しい思いをすればよい」とも聞こえます。
僕は「人のためにすること」「自分が信じた考え・行動」それらが主体になってこそだと思っています。
それらが抜けているのにも関わらず「嫌なこと・苦しいこと」を強制するのはあまり賛成できないなと。

「嫌なことをたくさんしなさい。苦しい思いをたくさんしなさい。」
というのは間違いではないと思います。
ただ、その目的に「他人」や「意思」を抜かしてしまうと意味が薄くなる気がします。
周りの人があってこその自分ですよ。

とはいえ、そういうことを再確認させてくれたそのメッセージとアプリには感謝ですね。
「Drift Bottle」面白いですよ!