EvernoteとSpringpad。

イメージとしてはとてもよく似ているサービスだと思います。
使い続けると違いがよく分かるという意見を聞きます。

っということで、自分もSpringpadに登録してみました。
今まではEvernoteを使用しており、その機能にも満足していたので完全に興味本位です。

まず、両者の大きな違いと強み。
Evernoteは無料会員であれば月に60MBまでアップロード出来ます。
十分ですね〜。
Springpadはどうなのかというと・・・無制限です。
驚きますね。
これがSpringpadの大きな強みなのだと思います。
対するEvernoteの強みは、他のサービスとの連携にあります。
自分も「ツイエバ」というサービスでTwitterとEvernoteを連動させてますし。
この違いにより、どちらのサービスを優先的に利用するかが分かれるのだと思います。


自分のEvernoteの使い方をまずは紹介。
メモ帳として使っています。

・このWEBページのURLや内容を自分のメモも加えて残したい
・ウェブクリップしてWEBページ自体を保存したい(気になる記事、注文の確定ページなど)
・忘れちゃいけない設定や物事をメモ
・自分のTweetを日記っぽく一日単位で保存(ツイエバを利用)
・弁当屋や飲食店のメニュー表をスキャンして保存
・資料をスキャンして保存

主な利用はこんなものです。
メニュー表や資料のスキャンはiOSやAndroidのアプリ「Genius Scan」を使ってます。
お手軽簡単便利。
結構大きなサイズの紙でも普通に読めるぐらいの精度でスキャンできます。
今時の携帯電話のカメラ、恐るべし。


さて、この程度の利用だとEvernoteで十分事足ります。
では、どういった人にSpringpadがいいのかと自分なりに考えてみました。

・月に60MBを超える使い方をする人

ですかね〜。
SpringpadはSNSのような使い方、スケジュール管理なども出来るそうです。
本当に便利機能がSpringpadには詰まっているようです。
ただ、自分の場合はGoogleのサービスでブックマークの同期、カレンダーでスケジュール管理、リーダーでRSS購読とほとんどがGoogleで事足りています。
そういったサービスをまだ利用していない人には使用容量以上にSpringpadはとても魅力的なのではないでしょうか。
Springpadのリマインダー機能は気軽にメモがてらついでに通知も〜と自分も利用したい機能です。

さてさて、月に60MB以上も利用するような使い方。
やはり、画像や音楽など各種ファイル、WEBクリップを頻繁にアップロードする人でしょう。
カテゴリ分けがEvernoteよりも見た目で分かりやすいので大量ファイルを扱うには長けている気がします。
自分は軽いメモはEvernote、ファイルはDropboxで利用と使い方を分けているのですが、Springpadは音楽ファイルですらメモのような感覚で利用するのだと思います。
なので、自分のSpringpadのイメージは「EvernoteとDropboxの中間に位置する」です。

・Evernoteは「今の情報の流れ」をメモする
・Springpadは「今の生活情報」をメモする

という感じかと。
Springpadは容量無制限なので、記録するものがファイルになることが多いと思いますので。
ファイルを通して「今」を記録、管理していくのだと思います。


実際に使ってみての感想ですが、Evernoteはレスポンスが良いですね。
「メモを取る」となると、このレスポンスの速さと安定動作は重要です。
対するSpringpadですが、WebやiPhoneやAndroidのアプリも含めて動作が不安定な気がします。
なので、メモを取ろうと思うとストレスがかかる時があります。
やはり、手軽さ、メモを取るという点ではEvernoteに軍配です。
それを踏まえ、Springpadはデータベースとしての活用が好ましいように感じました。
ちなみに、ウェブクリップに関していうと、断然Evernoteです。
ノートのマージ機能などを考えてもEvernoteが優勢。
Springpadは単純に他種類の情報をデータベース化するものだと思います。

っと、なかなか難しい棲み分けですね。
シンプルが一番ですので、どのサービスが自分に必要なのか、十分であるのかを理解して登録と利用をしていきたいと思います。

Evernoteに登録
Springpadに登録
Dropboxに登録

↓ヤル気にご協力ください
人気ブログランキングへ