スケボー映画をいくつか観ました。

WS000011


その中の一つを紹介。
前回は「ロード・オブ・ドッグタウン」を紹介しました。

今回は
「スケート・オア・ダイ」
です。


<あらすじ>
主人公は二人の少年。
なかなかの悪ガキです。
この二人が偶然にも殺人事件を目撃してしまいます。
目撃したことが犯人にバレてしまい、街中を逃げまわるハメに。


逃げまわる道具としてスケボーが使われています。
「ロード・オブ・ドッグタウン」はスケボーが中心となった話ですが、こちらはスケボーがアクセントとなっている映画という点で違いがあります。
ですので、スケボーに興味が無い人にもオススメが出来る映画です。
アクション映画が好きな人なんかには最適ですね。

取っ付き易い内容ですので、スケボーに興味を持ってもらうのにも最適だと思います。
映画として楽しめる良い作品です。
あえていうなら、
「本当にスケボーがド中心な映画が観たい!」
っという人には向きません。

Amazonのレビューは冴えませんが、個人的には「ロード・オブ・ドッグタウン」よりも「スケート・オア・ダイ」の方が観やすくて好きなんですけどね。