トイザらスがAndroid 4.0(ICS)搭載の子ども向けタブレット「Tabeo(タビオ)」を発売します。

WS000016


全米のトイザらスで10月21日に発売。

スペックは以下。

CPU:ARM 1GHz Cortex A8
ディスプレイ:7インチ(800×400)
カメラ:フロントカメラ
ネットワーク:Wi-Fi
バッテリー:約10時間
サイズ:223×142×12.2
重量:380g
その他:microSDHC、マイク、子供向けゲーム、教育ソフトなどがプリインストール

価格は149.99ドル。
一万円ちょっとぐらいですかね。


スペックはAndroidが出回り始めた時代のような低スペック。
しかし、内容的には面白いんじゃないかなと思います。
初めから大量の知育アプリがインストールされているので、むやみにインターネットに繋ぐこともないでしょうし。
基本、ネットワークは切っていて良さそうなので、子供用と考えると安心。
さらに、インターネットはフィルタリングに対応しており、指定したサイト以外に子供がアクセスをした場合は親にメールが送信されるという機能までついています。

小さい子供ってタブレット端末が結構好きなんですよね。
お絵かき系のアプリとか、音楽関係のアプリとか。
しかし、今出回っているタブレットだと高価ですし、変に設定をイジられたりすると大変。
そう考えた時「子供用に」と作られた安価なタブレットはとても魅力的に見えました。

是非、日本でも発売して欲しいですね。