アクションカメラ「Qriom ACM-100」が安かったので買ってみました。

大体、5000円〜6000円前後で買えるはず。

ドライブレコーダーモードあり、バイクや自転車用のマウンターも標準装備です。
同価格帯のアクションカメラよりも広角(120度)で撮れるため購入を決定。


マウント用のケースは標準のものと防水のものの2種類。
写真 2016-06-13 21 36 02
マウントはハンドル用、車などに使える吸盤型の2つが標準装備。
あと、ヘルメットなどに装着できるバンド型が入っています。
これだけのオプションが標準装備で5000〜6000円前後なのはアクションカメラとしては激安。


マウンターとの接続部分。
写真 2016-06-13 21 38 02
カメラの三脚穴と同じかと思いきや、三脚穴とはサイズが違うっぽい。
三脚を使おうと思っている方は要注意。
充電器はシガーソケット、普通のUSB-MiniBの2つが入っている。


720pの撮影が可能で、タッチパネル操作という嬉しいカメラ。
バイクに取り付けて撮影をした動画がコチラで紹介されている。

画質もそんなに悪く無い。
動画ファイルは5分単位で新しいファイルが作られる仕様。
バッテリーは1時間ちょっと持つ感じ。
32GBまでのMicroSDに対応しており、撮影可能時間は32GBで720Pの画質で5時間程度。
画質、滑らかさ、価格を考えても十分だと思います。


注意点というか、不便な点がいくつか。

バイクや自転車に取り付けて使う際、バッテリーが1時間というのは不便。
そこで、モバイルバッテリーを接続して使おうと思いました。
っが、データ通信が出来るケーブルだと、AMC-100はカードリーダーモードに自動でなってしまう。
そうなると、レコーダーとしては機能せず。
なので、充電専用のケーブルが必要になるかと思います。

もう一つ、端子がMicroUSBではなく、MiniUSBだということ。
今時MiniUSBだと不便。

上記2点が許せるのであれば、遊べるアクションカメラとしてありだと思います。
特に、バイク用のドライブレコーダーとしてのカメラではオススメ。