コーヒーチェーン店で、お得にコーヒーを飲む方法を紹介します。

数あるチェーン店の中でも、全国展開をしていて、更にお得であろう3社を比較。
タリーズコーヒー、スターバックス、ドトールを比較します。

最後は、ドトール編。

ドトールコーヒー

idx_02
ドトールコーヒーの割引サービスは1つだけ。

1.ドトールバリューカードのポイント

タリーズコーヒー、スターバックスコーヒーが現金割引なのに対し、ドトールはポイント制を採用しています。


.疋函璽襯丱螢紂璽ード
img_card01

こちらは、発行手数料が300円必要。
300円分のポイントが付きますので、実質無料はあります。

ポイントは、チャージ時に付与されるシステム。

・2000円以上チャージで、チャージ額の5%のポイント付与
・毎月1日は、1000円チャージで10ポイント付与


ただし、注意点があり最終利用日から、残高は3年で失効、ポイントは1年で失効します。


ドトールコーヒー結論

割引サービスが無いので、お得感は無し。

ポイントは付きますが、タリーズコーヒー、スターバックスコーヒーの割引額の方が大きいですし、現金割引の方が嬉しい。

何より、残高やポイントに失効があるというのが怖い。

ブレンドコーヒーSが220円と安価ですが、150ml程度ですのでコスパは良くない。
ワンモアコーヒーのサービスも無し。

お得にコーヒーを楽しむという観点からだと、タリーズコーヒー、スターバックスコーヒーの方がおススメです。
ドトールは、サンド系やスイーツを楽しみに行く要素が大きいという印象となります。


スターバックスコーヒー編はコチラ

タリーズコーヒー編はコチラ