トレンド最新情報ハンター

トレンド・最新情報・節約情報・タイムセールなど、日々の最先端情報を発信します。

    カテゴリ: 生活

    japangeographyseries

    スターバックスコーヒーの地域限定シリーズ。
    「Japan Geography Series」

    そのシリーズに栃木、岐阜、奈良、長崎、大分が加わりました。
    地域限定のタンブラー、マグ、ボトル、スターバックスカードが購入できます。

    【スタバの地域限定グッズに「栃木、岐阜、奈良、長崎、大分」が仲間入り!】の続きを読む

    メルカリといえば、超が付くほど有名なフリマアプリ。

    メルカリの配送サービス「らくらくメルカリ便」がセブンイレブンから利用できるようになります。

    【メルカリがセブンイレブンで発送可能に!】の続きを読む

    コーヒーチェーン店で、お得にコーヒーを飲む方法を紹介します。

    数あるチェーン店の中でも、全国展開をしていて、更にお得であろう3社を比較。
    タリーズコーヒー、スターバックス、ドトールを比較します。

    最後は、ドトール編。 【どれがお得?タリーズ・スタバ・ドトールの割引利用 その】の続きを読む

    コーヒーチェーン店で、お得にコーヒーを飲む方法を紹介します。

    タリーズコーヒー、スターバックス、ドトールを比較します。
    その,任蓮▲織蝓璽坤魁璽辧爾鮠匆陲靴泙靴拭

    今回はスターバックスコーヒー編です。

    【どれがお得?タリーズ・スタバ・ドトールの割引利用 その◆曚梁海を読む

    コーヒーチェーン店で、お得にコーヒーを飲む方法を紹介します。

    数あるチェーン店の中でも、全国展開をしていて、更にお得であろう3社を比較。
    タリーズコーヒー、スターバックス、ドトールを比較します。

    まずは、タリーズコーヒー編。


    【どれがお得?タリーズ・スタバ・ドトールの割引利用 その 曚梁海を読む

    main_visual

    LISA LARSON(リサラーソンデザイン)のTカードの発行が始まりました。

    【リサラーソンのTカードが可愛い!】の続きを読む

    毎月29日は肉の日。

    モスバーガーでは、そんな肉の日に限定メニューが登場します。
    それが、「にくにくにくバーガー」です。

    【毎月29日はモスバーガーの「にくにくにくバーガー」】の続きを読む

    95402623-s
    すかいらーくグループHPはコチラ。


    ガスト、バーミヤン、ジョナサンなどを経営する「すかいらーくグループ」。

    2018年3月5日、無料Wi-Fiの提供が開始されました。

    【すかいらーくグループで無料Wi-Fiの提供が開始】の続きを読む

    スターバックスの復興支援「ハミングバードプログラム」をご存知でしょうか。

    2018年はスターバックスカード「ハミングバード」のデザインも一新。

    【スターバックスカード「ハミングバード」が格好良い!】の続きを読む

    小銭入れを開いて、1円玉4枚あったっけ?100円は・・・これ50円玉だった・・・。

    なんて経験は誰でもあるのではないでしょうか。
    そんな煩わしさを解決するのが「コインホルダー」です。


    【小銭あったっけ?からサヨナラ!コインホルダーが便利!】の続きを読む

    2018年春デザインのスタバカードが登場しています。

    毎年のことですが、春デザインは可愛い。
    ピンクの桜がモチーフという、とっても女子的なデザインです。

    【2018年春デザインのスタバカードが可愛い】の続きを読む

    最近、よく耳にするau WALLET

    これはプリペイド式のクレジットカード。
    事前にカードにお金をチャージし、チャージした分だけの買い物が可能というもの。
    普通のクレジットカードと違い、使いすぎの心配がない。

    デメリットとしては、端数が発生すること。
    キッチリと使い切ることが難しいため、カードを使い続けないと損。
    または、コンビニで駄菓子などを買って残金を消費するといいかも。

    チャージは
    ・じぶん銀行
    ・auショップ
    ・WebMoney
    ・auかんたん決済
    ・クレジットカード
    から可能。

    WebMoneyの方はコンビニで手軽に購入出来るが、チャージ時に手数料が発生するためオススメは出来ない。
    WebMoneyチャージの場合、WebMoneyアプリから行う。


    オススメは「じぶん銀行」からのチャージ。
    これ、auユーザーであればATM手数料無料、他行振込手数料無料な口座。
    しかも、回数制限無し。
    チャージはWEB、アプリから可能。
    予め、じぶん銀行に入金を済ませておき、そこからチャージをする。
    使い過ぎの心配が無いのが嬉しいですし、残高の確認もじぶん銀行は楽なのが助かる。


    つまり、「じぶん銀行」の口座を作り、普段は「au WALLETカード」「スマホ」を持ち歩くだけでショッピングが出来るということ。

    キャッシュレスな生活、荷物が最小限で済む生活はストレスフリーで良い。
    以前、Edyでキャッシュレスな生活をしようと試みましたが、なかなか不便でした。
    しかし、クレジットカードならばそんな心配は無し。
    チャージが手軽なau WALLETは完全にお財布として使用出来るスペックです。


    初めてチャージをする際は勇気がいるかもしれませんが、一度チャージをしてしまうと後は何てことありません。


    注意するのは「auユーザー」であること。
    auユーザー以外は「MasterCardRプリペイド付きWebMoney Card」の方がオススメ。
    このカードのau版が「au WALLET」です。


    そういえば、じぶん銀行のキャッシュカード。
    これ、カードが白で汚れやすい質感をしているので、汚したくない方は保管方法に注意。
    頻繁な出し入れは即汚れます。
    他のカードとぶつからず、スッポリ余裕を持って収納できるカードケースが良いと思います。




    iPadと同じ重さというビックリなソロテントです。

    別ブログで紹介しています。

    ミニマムに生きる

    お値段も多少張りますが、とてもしっかりしたテントのようです。

    今、ポンパレで寝袋が1690円で出ていますが、スペックが書いてありませんね。。

    見てみると

    【重量】
    ・約800g

    【商品詳細】
    ・仕様:開閉ファスナー
    ・素材:(表面)ポリエステル、(中綿)コットン
    ・生産国:中国

    とあります。

    重量が中綿がコットンなのに重量が800g。
    完全に夏用ですね。
    でも、夏はタオルケットがあれば十分な気がします。
    お値段からしても、普通に考えれば夏用だろうなとは思っていましたが。

    寝袋に関しては、販売者はもうちょっと詳細なスペックを記載するべきかなと思いますね。
    命を預ける寝袋になるかもしれないので、寝袋はちゃんとしたものを購入しましょう。


    ケシュアのポップアップテントを購入しました。

    NCM_0176


    普通、テントはポールを組み立てたりしながら設営をします。
    しかし、このポップアップテントは袋から出すだけ。
    出すだけで設営が完了するのです。


    今回、2人用を購入しました。

    広げた感じ・・・デカっ!広っ!
    強度に関しても、全く問題が無いように思います。
    ポールが頑丈。

    そして、細かいところが良く出来ている。
    テント内に小物入れや、ランタンを吊り下げれるヒモがあったり、外袋にはペグや固定用のヒモを入れれる袋が設置してあったり。
    テントはちゃんとインナーとフライシートに分かれてますし。

    これで1万円弱は安い。

    ポップアップテントは何となく普通のテントとして使うには強度や、使用感など他のテントよりは劣る気がしていました。
    しかし、これは素晴らしい。


    戸惑ったのは畳み方。
    外袋に畳み方が絵で説明してあったので、やり方自体は簡単です。

    問題は・・・勇気。

    折れそうで怖い。
    Youtubeも検索しながら、本当に畳み方が合っているのかを何度も確認しながら作業しました。
    結果、勇気を出してえいっ!っとやれば問題無し。

    イメージでは車用のサンシェードみたいにクリンクリン畳めるもんだと思っていました。
    考えれば分かりますが、テントがそんなヤワなわけないですよね。

    一度畳むことが出来れば、次からは1分もあれば畳めると思います。
    即設営、即撤収が可能。


    このケシュアのテントはオススメです。

    ちなみに、ホームセンターで3000円の安いポップアップテントも購入しました。
    しかし、こちらは縫製が甘すぎる、インナーが無い、入口のファスナーが即壊れるという散々な結果に。
    やはり、テントは信頼のおけるメーカー、信頼のおける品を購入しましょう。


    ダイソーに10徳万能ナイフというものが売っていました。

    お好み焼き用のヘラとかを売っていたコーナーにありました。
    10徳の内容は

    ・ナイフ
    ・ノコギリ
    ・プラスドライバー
    ・コルク抜き
    ・爪ヤスリ
    ・ひも通し
    ・缶切り
    ・はさみ
    ・栓抜き
    ・マイナスドライバー

    です。
    これにペンチが加わっているバージョンがあれば嬉しいんですけどね。


    この10徳万能ナイフはアウトドアに良さそうです。
    アウトドアに持って行くとして、このナイフはどの程度切れるのでしょうか。
    まさか、ペーパーナイフなわけはないと思いますけど。


    試しに人参を切ってみました。
    か・・・硬い・・・・。
    切れなくは無い・・・けど、硬い・・・怖い。
    根菜類を切るのは出来るだけやめておいた方がいいかもしれません。
    他の野菜であれば大丈夫だと思います。

    お肉は・・・試してませんが、切れないだろうなと予想。

    まあ、100円だし、文句は言えないかな。
    人参がどうにか切れただけでも褒めてあげていいかも。

    キチンと切れるナイフ、信頼のあるツールが欲しい場合はそれなりの物を買った方がいいでしょうね。
    場合によっては命を繋ぐ道具になるかもしれないわけですから。




    チラっと寄ったダイソーにプチ鋳物シリーズのグリドルが置いていました。

    鋳物シリーズはフライパンが欲しいなと思っていましたが、残っていたのは丸型のグリドルだけ。
    残念だなと思いつつ、せっかくなのど丸型グリドルとハンドルを購入。

    グリドルは420円、ハンドルは105円でした。

    シーズニングについては書かれていませんでしたが、念のためそれっぽいことをしときました。


    さて、グリドルってどんな料理が出来るんだろう。
    とりあえず、王道としてウインナーを焼いてみました。
    蓄熱性が高いので、一度グリドルが温まったら弱火、もしくは余熱調理でいいみたいです。
    なんてエコな調理器具。

    調理は同じくダイソーで購入したシリコン製のミニトングで行いました。

    サイズ的には一人用ですので、ササッと作ってそのままミニトングで食べる。
    楽だし、美味い!
    ミニトングがまた便利過ぎる。


    一人暮らしとしては、肉や野菜を塩コショウで焼いて食べるだけの時に大活躍しそうです。
    実際、自分のところでは活躍しています。


    更に、手入れが楽。
    水でゴシゴシ洗って、コンロで乾かして終了。
    後は、たまに油を塗ってあげる程度。

    食器用洗剤とか、スポンジについた泡を落とすのが面倒だったり、無駄に水を使ったりするんで好きじゃありません。
    なので、色々とこの鋳物グリドルは嬉しいこと尽くしでした。


    車を所有しましたので、ETCカードを作ろうと思います。
    どうせなら、ロードサービス付帯のカードがいいなと考えました。


    そこで目をつけたのはENEOSカード。
    ENEOSカード

    無料でロードサービスがついてきます。
    嬉しいのは年1回のカード利用で年会費が無料になること。
    ガソリンを入れる際にカードで支払えばよさそうです。
    無料でロードサービスを受けれるなんてスゴいですね。

    しかし、問題発生。
    対象車両が自家用車のみでした。
    メインの移動手段がバイクなので、バイクが対象になっていないと不安。


    ENEOSカード・・・後ろ髪を引かれる思いで断念。。
    車のみを所有している方にはオススメできるカードだと思います。


    次に目をつけたのはP-oneカード。
    P-oneカード

    年会費無料のクレジットカードですが、オプションで「カーライフホっとライン」というロードサービスをつけることが出来ます。
    このオプションは年会費735円かかります。
    ただし、今度はバイクも対象車両に含まれますし、サービス内容からすると最安値じゃないでしょうか。

    「カーライフホっとライン」では事故、故障時の宿泊費、帰宅費用、レッカー、修理後車両の自宅搬送などサービスが充実しています。
    車両搬送を行なってくれるサービスは他ではなかなか見当たりません。
    注意点はレッカー無料距離が5kmと短いこと。
    これはよっぽどラッキーな場所でなければ料金が加算されるでしょうね。


    なので、P-oneカードでETC付きのを作ろうかなと思います。



    ただいま、順調に節約生活中です。

    ミニマムに生きる

    しかし、シャワーの温度を間違えて朝からお腹を下したり、簡易シャワーが壊れたりと初めての生活スタイルにトラブル続出しております。

    気になる商品が一つ。
    ポータブルソーラー発電機です。



    これとモバイルバッテリーさえあれば、どこでも生活出来そうな気がします。



    緊急時はテント張って、寝袋で寝て、携帯はソーラー発電機で充電。
    どうにかなりそうです。
    ソーラー発電機のお値段が思いの外安いのに驚きました。

    来客用に封筒型の夏用シュラフを4つ購入しました。
    更に、寒い日用の掛け布団用に4シーズン用の封筒型を1つ。
    これで来客にも対応出来ます。
    3シーズン用の封筒型シュラフは4千円弱で購入。

    買ったのはコールマンのコレ。

    ホームセンターで買いました。


    しかし、ここで問題に気付きました。
    3シーズン用の封筒型なのですが、対応は5℃となっています。
    マミー型の対応が0℃でしたので、同じような感覚で購入したのですが・・・サイズがデカイ!

    封筒型がマミー型に比べて大きいく重いということは前知識で知っていましたが、2倍以上あるんじゃないかと思います。。
    こんなにも大きくて重いとは・・・。
    来客用として持っておくには不向きですね。
    失敗した。。


    このまま失敗したままで終わるのも何だなと思ったので、とりあえず今日は購入した3シーズン封筒型にIN!更に夏用封筒型に合体!
    っという形で寝ることにしました。
    念のため、薄〜い毛布を上にちょっと掛けて寝ます。
    今夜はお気に入りのマミー型としばしのお別れ。

    っと、購入した3シーズン用の封筒型シュラフは内側が若干起毛のようになっていました。
    これは嬉しい!
    暖か〜い♪
    そして、噂通りに本当に布団のような感覚で寝れます。
    寝返り自由自在!


    結果・・・よく寝れました。
    マミー型よりも。
    布団→シュラフ移行な自分には封筒型は馴染み易かったようです。


    寝心地を重視するなら確かに封筒型はいいです。
    室内で布団の代用として使うなら断然オススメ。
    欠点は、やはり緊急用、携帯用とした場合は大きくて重いので向かないこと。
    なので、封筒型を買うなら化繊じゃなくダウンの方がいいのかなと思いました。
    本当に布団として使うなら化繊でも良いと思います。


    さあ、あとは来客用のマットを揃えれば準備万端です!
    ホームセンターを巡って探してみます!


    引越しをすることになったのですが、引越し先がフローリングなんですよね。
    フローリングに布団を直敷きすると、布団と床の間が結露してカビが発生しちゃいます。
    以前、それで布団と床をダメにしたことがあるので間違い無いです。

    その対策として、除湿シートやスノコやらなどがあるのですが、面倒臭い。
    ベッドを買おうかと思いましたが、それだと引越しが面倒です。
    何より部屋も狭くなります。


    さて、どうしよう・・・・そうだ、寝袋生活をしよう!


    寝袋なら、洗濯機で丸洗い出来て臭いも気にならないし、場所も全く取らないし、出張とかにも持っていける!
    丸洗い出来るというのが年齢的に加齢臭に敏感なので嬉しい。

    っという訳です。


    そこで、さっそくホームセンターで寝袋を購入。
    形はマミー型というミイラを入れる棺桶のような人型をしたタイプ。

    何となく上等な雰囲気だったから選んだのですが、このタイプはスゴく暖かいんだそうです。
    中学生の頃に封筒型を買った経験があるのですが、肩口から冷気がガンガン入ってきた記憶があるので封筒型の購入はパス。

    ってか、寝袋って「シュラフ」って言うんですね。
    初めて知りました。
    ちなみに、購入したシュラフは4990円でした。
    出費だよ〜〜。


    選んだ寝袋には「0℃対応」と書いてありました。

    「0℃まで大丈夫なら冬も乗り切れそうだな〜」

    なんて軽い気持ちで選んだのですが、これが間違い。。
    早速夜に使用してみると・・・・寒っ!!!
    寒過ぎて夜中に起きちゃいました。
    部屋の温度は10度を下回っている程度だったと思います。
    0℃対応なんてウソじゃん!通りで薄っぺらい生地だと思った!

    調べてみると、対応気温というのは対応限界気温のことらしく、厚着など装備をキチンとして寝袋を使用すれば寒さで死なない気温のことなんだとか。。
    そんな表記いらんよ。゚(゚´Д`゚)゚。
    購入の際に大事なのは「快適気温」という表記だそうです。


    つまり、僕が買った0℃対応の寝袋は20℃弱の気温で使用して丁度良いぐらい。
    失敗した・・・。


    どうしよう、冬用のシュラフを追加で買うべきか・・・。
    オークションならダウンのシュラフが1万円弱で買えますし。

    っと思っていると、こんな情報を発見。
    ”封筒型のシュラフの中にマミー型のシュラフを入れて寝ると冬も暖かい”
    マ・ジ・で?!

    さっそくホームセンターで1000円程度の夏用筒型シュラフを購入。
    半信半疑だったので、着る毛布も購入。

    その夜、着る毛布装着!マミー型シュラフにIN!封筒型に最終合体!就寝!
    ・・・・気付けば朝!
    スゲー(*´ω`*)
    これは使える手段ですね。
    封筒型じゃなく、マミー型にマミー型を2枚重ねすると窮屈らしいですが、更に暖かいらしい。
    どうせなら、そっちにしようかな。


    そういえば、驚いたのがマミー型って窮屈かと思いきや寝返りは打てるし、そこそこ広いんですね。
    もっと動けないかと思っていました。
    素晴らしやマミー型。
    とりあえず、寝てて疲れるとかいう感じは無いです。


    っとここまでは引越し前の予行演習で敷き布団の上で寝ていたのですが、引越し先に敷き布団を持っていくつもりはありません。
    つまり、マットが必要。
    アウトドアでは寝袋の下に銀マットを敷くらしいですが、固そうだな〜と。

    そうだ!簡易ベッドを買おう!

    「キャンプコット」というらしいです。

    キャンプ用の折りたたみが出来るコンパクトな簡易ベッド。
    キャンプコットに銀マットを敷いて、その上でシュラフ使って寝れば良さ気。
    嬉しいのが2000円弱程度でベッドが買えるということ。
    持ち運び出来るベッドがそんな安価で・・・スゲー!

    ここまでくると室内キャンプですね(笑)


    ちなみに、人が泊まりに来た時用に夏用封筒型のシュラフを4組置いておこうと思います。
    封筒型は連結出来るので、4組を2組に連結して、寒い日は2組を2枚重ねすれば大丈夫そうですので。
    銀マットを2組用意しておけば、簡易敷き布団になるでしょうし。


    にしても、シュラフを4組揃えたとしても場所を全く取らないので嬉しいですね。
    1つが2リットルペットボトル程度の大きさしかありません。
    キャンプ用品ってよく出来てる。


    っということで、これからミニマムな生活をしようかなと思います。


    無料でネットショップが作れるという「BASE」がサービスを開始してから好調のようです。


    この手のサービスはショップの作成から、商品の登録、管理が大変楽だという特徴があります。
    更に嬉しいのは商品のクレジット決済が可能だということ。

    BASEと似たところでは、先行していたStores.jpというサービスがあります。
    どちらにどんな特徴があり、どんな違いがあるのか自分なりに調べてみました。


    BASE
    クレジット決済の場合に限り、3.6%+40円の手数料支払い。
    決済方法は銀行振込、代引き、クレジット決済。
    クレジット決済の場合は2万円以下だと引き出しの際に振込手数料に加えて500円の事務手数料がかかる。
    引き出し申請を行なってお金は引き出す。
    商品登録数に制限なし。


    Stores.jp
    売上の5%を手数料として支払う。
    決済方法はクレジット決済のみ。
    翌月末日に指定口座に振込。(振込手数料250円)
    つまり売上があると毎月250円が必ずかかる。
    商品登録数に制限あり(5点まで)
    有料プランになると制限無し(月額980円)
    送料設定は一律。


    なかなか悩みどころですね。

    BASEの方は少額な商品の販売には向かないかなという印象。
    理由は購入者クレジットカード決済を選択した場合の3.6%+40円の手数料、2万円以下引き出し時の手数料です。
    ある程度高額で利益が見込める商品であれば、商品登録数が無制限、代引き、銀行振込みに対応しているBASEがいいでしょう。
    ただし、管理画面の情報が無いのが気になります。
    注文があった場合の管理画面は存在するんでしょうか。
    それがないと厳しいなと思います。

    Stores.jpは良く作られているなという印象です。
    売上が毎月振り込まれるというのはショップを開く側としては有難いです。
    振込手数料が250円かかるので、毎月それ以上の利益を得る必要があるのが注意点。
    管理画面があり、注文があった商品の状態を確認できるので好印象。
    妥協点はクレジットカード決済のみしか対応していない、無料プランでは商品登録数が5点のみに制限されるということ。
    以上のことから、少額の商品販売、商品管理を重視したい人向けかなと思います。


    今のところ、自分が選ぶとすればStores.jpかなと考えています。
    商品管理が行えるのは重要ですし、売上が上がれば月額980円払ってもいいかなと思います。
    BASEに商品管理画面があるというのであればBASEを選びますが、気になるのはクレジットカード決済の引き出し手数料。
    一般のネットショップで2万円という金額は結構厳しいと感じていますので。

    悩みどころですね。


    ずっと思っていたのですが、ゲームのダウンロード販売の価格って高いですよね。

    パッケージ代や流通コストが必要ないにも関わらず、なぜ高いのか疑問でした。
    サーバー管理費や、メンテナンスもあるでしょうが、それを差し引いても定価販売というのはありえない。


    っというのも「ダウンロード販売の価格」というのは消費者目線ではなく企業目線で設定されていると考えられます。
    なぜそうなるのか。

    答えは一つ「ゲーム販売店」が原因。

    ダウンロードのソフト販売価格が定価より安かったらどうなるでしょうか。
    今までソフトを売っていた販売店でゲームソフトが売れなくなります。
    当然、販売店はダウンロード販売に反対します。

    ゲーム会社にとっては販売店でのゲーム機本体の販売、ソフト売り上げというのは無視出来ません。
    もしも、販売店が揃って「おたくのゲーム機、ソフトは販売しません」言ってきたらとんでもないことです。
    なので、ゲーム販売店も考慮してダウンロードでのソフト販売価格は「高く」設定されているのです。


    まとめると

    <ゲーム企業>
    ・販売店の反発が怖い
    ・本当はダウンロード販売で直接売りたい(不正防止、中古販売抑止、顧客管理のメリット、バグ対応の迅速化)
    ・ダウンロードの販売価格を高く設定しなければいけないが、そのおかげで売れると儲かる

    <ゲーム販売店>
    ・店舗でゲームソフトを買ってもらわないと儲からない
    ・ダウンロード販売では中古ゲーム市場が衰退する

    結果、中途半端な妥協案でダウンロード販売の価格が高くなる。
    店舗でのダウンロード販売のチケット購入なんかが良い例です。


    消費者としてはダウンロード販売のデメリットとして「ソフトの貸し借りが出来ない」「データ保存容量不足が心配」「ソフトを中古として売れない」というのがあります。
    しかし、ダウンロード販売が以下の形式で売られていればどうでしょうか。

    <販売>
    ・コストカット分、ソフトの価格が安い
    ・一度購入したソフトは何回でもダウンロードが可能

    こうすると消費者のデメリットはほぼ解消されます。
    中古として売る人にとっては[購入価格]-[中古買取価格]=[ソフトの価格]となっています。
    であれば、初めからダウンロード販売ではこの[ソフトの価格]で売ってあげればいいんです。
    それがダウンロード販売では本来出来るはずなんです。

    それが今のゲーム業界では出来ない。
    消費者無視な状態と言っていいと思います。


    つまり、「ゲーム販売店」が存在する、今までと同じ業態のままであればダウンロード販売のソフト価格が大きく下がることはないと思っていい。
    難しい問題なんでしょうね。。。


    偏見かもしれませんし、たまたまそういう人たちを見る機会が多いだけかもしれません。
    Apple製品、主にiPhone、iPadを好んで使っている人たちのこと。


    ずーっと気になっていたのですが、そのような人たちは製品のモデルチェンジがある度に「最高のデバイスだ!」と言わんばかりに盛り上がります。
    それと同時に一世代古いモデルをあっさりと手放します。
    ちょっと前までは「最高のデバイス」だったはずの製品を。


    すぐにiPhoneの機種変更をしてみたり、いくつもの世代のiPadを所持したり。
    それに対して違和感が拭えません。


    デバイスは目的にあった製品を手に入れることで価値が生まれます。
    しかし、上記の人達はデバイスに「使う目的」を求めていない気がします。
    求めているのはただの「新しい製品」「最新のApple製品」。
    普通はデバイスに対して「使用目的」があり、製品の買い替えは「目的」を達成するのが所持デバイスでは非効率になった、あるいは目的を達成出来なくなった場合です。
    なので、同じようなデバイスを複数所持、同じような機能の製品に買い替えるなんていうのは「無駄」としか思えません。

    まるで、ブランドものを漁るバブル期の女性のよう。


    また、多くの人はiPhoneやiPadを「実質無料」で手に入れていますが、実際は膨大な金額をキャリアに支払っていることをちゃんと意識しているのでしょうか。
    実際は「新しいモデルが出たから」という理由だけでポンポン買い換えていい値段じゃありません。
    その気軽さが怖い。


    別にAppleが悪いとは思いません。
    ただ、消費者は冷静な判断をするべきだと思うわけです。
    iPhone4とiPhone4SとiPhone5、iPadの各世代、そんなにモデル間で大きな違いがありますか?
    モデルチェンジがあるので、違いはあるのが当たり前です。
    問題は、それが自分に本当に買い替えが必要な程の変化なのかということ。
    更に、自分がその製品を使っている目的は何なのかをハッキリさせること。


    大事なのは「自分が良い」「自分に必要」だと冷静に判断した製品を買うことだと思います。
    そういう製品は長く使えます。
    更に、そういう製品が選べる人は「買い換え時」を的確に判断出来ます。
    自分としてはそういう消費者になりたいです。


    「自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと」を読みました。



    良い本だな〜と読み終わって思いました。
    どちらかというと断捨離本に近いかも。
    ノイズを省いて、自分が本当にしたいこと、やりたいことにのみ集中することを説いた内容。

    20代というのは多くの場合責任も地位も名誉も無く、気付けばとても自由。
    しかし、行動力と志がある。
    だからこそ、つまらない束縛を1つずつ捨てて、自分の人生を積極的に歩もうという風に言っている本です。
    その捨てるべき束縛が50ある。

    簡潔にまとまっていて読みやすい本でした。
    だからこそ、心にも残ります。

    僕はギリギリの20代ですが、この本に出会えてよかったなと思います。
    是非、年齡問わず多くの人に読んで欲しいと思います。


    ZoffでPCメガネを購入しました。

    PCメガネは目をPCなどのディスプレイから発せられるブルーライトから守ってくれるメガネです。
    さらに、ブルーライトを見続けると夜に寝れなくなるという現象も起きるらしいです。

    この手のメガネ、有名どころでは「Zoff」と「JINS」ですね。
    なぜZoffかというと・・・近所に「JINS」が無いから。。

    っとはいえ、ブルーライトの半減率が50%とZoffの方がわずかに上なのも決め手。
    ただし、レンズの色もZoffの方が濃い目。
    気になる方はJINSの方がいいでしょう。
    JINSの方が安いですし。

    透明なレンズもあるのですが、色付きのレンズがブルーライトを「吸収」するのに対して、透明レンズの方はコーティングによって「反射」するという違いがあります。
    コーティングとか剥がれそうだな〜。
    っと思い、迷わず色付きのレンズを選択。


    僕は疲れ目、視力低下に効果があるかもと思って購入しました。
    度入りを注文したため、出来上がりまでは10日。


    使ってみた感想。

    まず、レンズの色。
    思ったより外からの見た目は濃くないです。
    あ〜、地味〜にカラーレンズですねっていう程度。
    これなら会社でも使えるんじゃないでしょうか。
    Zoffでこれなら、JINSのレンズは余程薄い色なんでしょうね。


    次に見え具合。
    ZoffのPCレンズは球面レンズになります。
    僕のレンズは-3.75と悪い方です。
    なので、球面レンズはどうかな〜と思いましたが、驚くぐらい見え方がキレイ。
    これで球面レンズ?
    これは嬉しい誤算。

    レンズの色による見え具合ですが、これは薄いサングラスと同じなので、気になりません。
    よっぽど色に関わる仕事をしていない限りは普通に使えます。


    フレームについて。
    今回「Zoff SMART」という軽量フレームを選択しました。
    かなり軽い。
    それでいて適度にしっかりしていますね。
    JINSの「Air frame」メガネも持っていますが、軽さで言えば「Air frame」が若干ではありますが上。
    しかし「Air frame」は使用年数の経過とともに皮脂による脂汚れが気になります。
    取れないんですよ・・・。
    「Zoff SMART」の方はそういう心配は無さそうな素材。
    常用メガネとするならば「Zoff SMART」の方が良いかなと思いました。
    遊びや着せ替えメガネならば、気軽な「Air frame」。


    疲れ具合。
    レンズの色のおかげなのか、ブルーライトを50%カットしてくれているおかげなのか、7時間以上もPCと向かい合っていても疲れません。
    「目にやさしい」っというのが実感できます。
    これ、PCを使う仕事をする人には本当に必須だと思います。
    やっぱり、PCのディスプレイにしても携帯やテレビにしてもバックライトって目を酷使するんだなと改めて思いました。
    そりゃ目も悪くなるはずだ。


    Zoffでの価格ですが、PCレンズは度なしであれば「フレーム代」だけ。
    度入りの場合は「フレーム代」+5000円です。

    10日も待たされる上に、5000円上乗せは高いな〜と思いましたが、使ってみると納得。
    まあ、メガネのフレームなんてどれも原価は半端無く安いみたいなので、5000円上乗せするならもうちょっと安くして欲しいな〜とも思いますが。
    PCレンズなんて新しい分野ですから今は難しいんでしょうね。

    それにしてもいい買い物をしました。
    PCレンズは本気でオススメです。

    コンタクト用に度無しのPCメガネを買おうかな〜と思っています。
    あと、常用で普通のレンズの「Zoff SMART」。
    結構このフレームはお気に入りです。


    もうすぐ、会社の健康診断があります。

    毎年LDLコレステロールで引っかかるんですよね。。
    「経過観察」「再検査」
    なんて文字が。。
    親が糖尿病なので、本当に毎年この時期はドキドキします。
    糖尿にはなりたくない。。。


    どうにかしないとな〜と思い、現在は水泳に通い中です。
    食事も量を減らしたり、おから100%のクッキーを間食用に利用しています。
    そのおかげで、体重がMAX時期より4〜5キロ減。
    あとちょっと体重が減れば学生時代の体重に戻れるので、あとひと踏ん張り。


    っと、ビタミンCを摂取するとLDLコレステロールが下がるという情報を聞きつけました。
    下がると言われればやるしかない。
    コンビニに行くとドリンクタイプのサプリがいくつかありました。
    その中から、ビタミンCの量と値段で「チョコラBB」に決定。



    会社でコーヒーを仕事中に飲むのですが、チョコラBBに置き換えました。
    量は「昼に1本」「夜に1本」の計2本。


    そして、チョコラBBを飲み始めて3日。
    気になることが。

    「あれ?肌荒れが治ってきてる」

    実は1年以上も肌荒れや吹き出物、肌の赤みが消えなかったんですよ。
    化粧水を毎日つけても消えない。
    もう年のせいかな〜、胃腸が荒れてるんだろうな〜、ストレスかな・・・なんて諦めてました。
    本当に消えなかったんで。
    特に、頬の吹き出物と赤み。
    それが、チョコラBBを飲み始めてから明らかに治ってきてる。
    スゴく嬉しい。
    本来の目的とは違うけど。


    ネットで評価を調べると、他の製品の方が効くとか評価はまちまちですが、自分には合っていたようです。
    LDLコレステロールについては健康診断があとちょっと先なので何とも言えませんが、肌に良いという嬉しい誤算がありましたので引き続き飲み続けたいと思います。
    どうか・・・糖尿病になってませんように。。


    まもるくんwebsiteでS51SE用のケースを注文しました。


    っが・・・・届かない。
    1ヶ月待っても届かない。。。
    「3,4日程度で商品が届くだろう」という感覚だったので、これにはストレスを感じます。


    注文から少し経過して発送が送れるとの連絡がありましたが、まさか1ヶ月以上待つことになろうとは。。。
    当然ですけど、本体に傷が付くのは嫌なので、仕方なく近場で欲しくもないケースを代用品として購入しました。
    余計な出費です。。
    どうしてくれるんですかって感じ。


    あまりにもヒドい状況なので、Yahooショッピングの方にも苦情を入れました。
    すると、Yahooショッピングからの1回目の連絡は「ショップに問い合わせてください」という内容。
    まあ、そりゃそうだろうけどさ。
    了解しましたとの旨を返信すると、次は別の担当の人から再度返信がありました。
    担当部署で指導をしてくれるっという内容でした。
    一人目の担当と違って出来る子〜!
    とりあえず、改善要求は出したので様子を見ようかと。


    そう思っていたところ、程なくしてまもるくんwebsiteから発送の進捗状況の連絡がありました。
    そして、それから数日後に発送の連絡がありました。
    何?クレームを入れたから発送を優先的にしてくれたの??
    そうとも思えるほどの対応。
    逆にそれもどうかと思いますけど。。


    そんなこんなで現在、商品到着待ちです。
    さすがに、もうこのショップで買い物しません。。
    ショップの対応を見ても誠意が感じられませんし。
    ネットショップってお客とショップの顔が見えないので、実店舗よりも「誠意」を見せる必要があると思っています。
    そうすることで、顔が見えない商売に対するお客の不安は取り除かれるのだと。
    だから、安心してリピート出来る。
    しかし「発送が遅れます」「いつ頃発送出来そうです」「発送しました」程度では、今回の場合はダメでしょう。
    ショップに不手際があった場合、ショップには「必要以上のフォロー」が求められます。
    何故ならば、お客に逆に「ここまでしてもらって申し訳ない」と思わせるぐらいじゃないとお客が離れるからです。
    それは損をしてでもやらなければいけないこと。
    一番良いのは「ショップの割引クーポン券」を配ることらしいです。
    これだとショップを再度利用してもらう機会が出来ますし、お詫びとしても成り立ちます。
    損をしないような値段のクーポンでは意味がありませんが。


    っとまあ、色々と誠意の見せ方はあるんですけどね。
    まもるくんwebsiteはドンマイです。
    今後、お世話になることは無いので、商品の到着だけを楽しみにしたいと思います。

    「コンタクトさん」でメガネを注文しました!

    ネットでメガネ全品千円クーポンというのがあったので、使ってみようと注文してみました。
    メガネは海外からの発送となるみたいです。
    評判は良いみたいですが、果たして無事に届くのか。
    商品の質はどうなのか。
    色々気になりますので、無事に商品が届いたらレビューしたいと思います。


    ちなみに、今回は
    屈折率1.67、各レンズコーティングで注文しました。
    贅沢してみました!


    10日前後で届くそうなので、楽しみに待っていようと思います。

    このページのトップヘ