トレンド最新情報ハンター

トレンド・最新情報・節約情報・タイムセールなど、日々の最先端情報を発信します。

    カテゴリ: 映画

    WS000149

    電撃文庫から出版されている、上遠野浩平による小説「ブギーポップは笑わない」がTVアニメ化決定。

    初作が1998年という、長年に渡ってファンを増やし続けている作品。
    独特の世界観、時間軸を上手く表現した小説です。


    【小説「ブギーポップは笑わない」がTVアニメ化決定】の続きを読む

    t220_754528

    AbemaTVに新チャンネルが追加されます。

    最新アニメ、話題のアニメが配信されるチャンネルです。
    チャンネル増設に合わせて、世界初「劇場版ソードアート・オンライン」の無料配信が決定。

    【AbemaTVで「劇場版ソードアート・オンライン」が無料配信!】の続きを読む

    Amazonプライムビデオのオリジナルコンテンツとして始まった「仮面ライダーアマゾンズ」。

    その人気の高さから民放での公開、そして映画化と進みました。
    映画は5月19日に公開となります。

    【映画「仮面ライダーアマゾンズ」は5月19日公開!新ライダー登場!】の続きを読む

    Amazonプライムビデオといえば、プライム会員ならば無料で動画が見放題のサービス。


    多くの動画がラインナップされており、どれを見ればいいのか迷ってしまう。
    そんな数ある動画の中から、幅広い人にオススメ出来る作品をまとめました。


    以下、順不同です。
    【Amazonプライムビデオの無料アニメ・特撮10選】の続きを読む

    Amazonプライム会員向けのサービス「Amazonプライムビデオ」。


    ドラマ、映画などの数多くのコンテンツが楽しめます。
    その中から、映画としても楽しめるセクシーシーンの多い作品をまとめました。
    アダルトな内容ですが、年齢制限は無いものがほとんど。


    もちろん、Amazonプライム会員なら無料で観れます。

    【Amazonプライムビデオで観れる無料エロ動画7選】の続きを読む

    好きなDVD/CDを無料で3ヶ月間レンタルする方法を記事にしました。

    ミニマムに生きる


    スケボー映画をいくつか観ました。

    WS000011


    その中の一つを紹介。
    前回は「ロード・オブ・ドッグタウン」を紹介しました。

    今回は
    「スケート・オア・ダイ」
    です。


    <あらすじ>
    主人公は二人の少年。
    なかなかの悪ガキです。
    この二人が偶然にも殺人事件を目撃してしまいます。
    目撃したことが犯人にバレてしまい、街中を逃げまわるハメに。


    逃げまわる道具としてスケボーが使われています。
    「ロード・オブ・ドッグタウン」はスケボーが中心となった話ですが、こちらはスケボーがアクセントとなっている映画という点で違いがあります。
    ですので、スケボーに興味が無い人にもオススメが出来る映画です。
    アクション映画が好きな人なんかには最適ですね。

    取っ付き易い内容ですので、スケボーに興味を持ってもらうのにも最適だと思います。
    映画として楽しめる良い作品です。
    あえていうなら、
    「本当にスケボーがド中心な映画が観たい!」
    っという人には向きません。

    Amazonのレビューは冴えませんが、個人的には「ロード・オブ・ドッグタウン」よりも「スケート・オア・ダイ」の方が観やすくて好きなんですけどね。


    スケボー映画をいくつか観ました。

    その中の一つを紹介。

    まずは
    「ロード・オブ・ドッグタウン」
    です。

    WS000009


    スケボー映画といえば「ロード・オブ・ドッグタウン」というぐらいに有名です。
    当たり障りがないところであらすじを言います。

    <あらすじ>
    主人公は3人の少年。
    3人はサーフショップのスケボーチームに入り、スケボーを中心とした生活を送る。
    しかし、それぞれのスケボーに対する考え方、生活や人生への価値観の違いから別々の道を歩むことになる。

    っという、青春映画ですね。
    スケボーが好きであれば、観ていい映画だと思います。
    逆に、スケボーに興味が無い人には勧めれない映画です。

    話の展開、ストーリーとそこを楽しむにはちょっと物足りないかなと思いました。
    メインはあくまでスケボーという映画です。

    是非、機会があれば観て下さい。


    このページのトップヘ