トレンド最新情報ハンター

トレンド・最新情報・節約情報・タイムセールなど、日々の最先端情報を発信します。

    カテゴリ: 音楽

    車で音楽を聴く用に使用していたスマホの調子が悪いので、iPod touchを購入しました。


    ずっと音楽ファイルをALAC形式で保存していたこともあり、本体容量があって汎用性もあるiPod touchが候補に挙がった感じ。


    32GBモデルを購入。
    9bddcc3f.g 
    価格は3万円とちょっと。
    今時、メモリーカードなんて非常に安いのに容量の差でこれだけ価格が違うのは詐欺に近い。
    しかし、選択の余地は無いので各モデルの中でコスパの良さそうな32GBを選択。


    付属品。
    9b212f38.g 
    ケーブルだけで充電器は付属しないので注意。


    カラーはゴールド。
    df6463c5.g 
    メッキのような安っぽい感じが無くて結構良い。
    重量も非常に軽く、持ち運びに便利。
    この軽さと薄さは大きなメリット。


    電源を入れてみる。
    869a9984.g 
    解像度の割に画面がキレイ。
    明るさの自動調節が無いのが残念。


    さっそく、iTunesで同期して音楽を聴いてみる。
    音質は非常に普通。
    特筆すべきものはなく、本格的に音楽を聴きたい人には勧められない。
    本体のスピーカーも音が聴ければいいというレベル。
    スピーカーの音はそこそこ大きいは良かったです。


    嬉しいのはWi-Fiの規格が11acに対応したこと。
    これで接続の安定性が高まる。
    11acはこれからの標準規格だと思うので、Wi-Fi対応機器を買う際は重視したいところ。


    音は普通でしたが、今回の2015年モデルのiPod touchの目玉は処理速度。
    アプリや文字入力の動作をみていこうかと思います。
    うーん、よく言われている「爆速」では決して無い。
    動作に引っかかりは無いのですが、モタつく感じがある。
    Apple製品らしくスムーズに動いていますが、動きで言えば今どきのAndroid搭載スマホの方が速い。
    iPod touchはメモリが1GBしか無いのが影響しているのかも。
    Gyaoアプリを入れて動画を観ようとしたところ、フリーズしたりと不具合もあり。 


    一番気になったのは本体の発熱。
    普通にメールやネットをしているとジンワリと熱い。
    手汗をかくレベル。
    これはゲームなんてするとホカホカになりそうな予感。


    500万画素から800万画素にアップしたというカメラ。
    画素数が写真のキレイさに直結するわけではありませんが、こちらも今どきのスマホと比較すると見劣りがする感じ。
    写真をメモ代わりに使用する場合に良さそう。
    デジカメとして使用するのはオススメ出来ない。


    最後にバッテリー。
    たまに音楽を聴き、たまにネットやアプリを使用する分には余裕で1日以上持つ。
    ハードにずっと扱っているならば半日ぐらいバッテリー切れになりそう。
    本体の発熱といい、処理速度の向上での影響が出てる部分。



    全体的な感想ですが、iPod touch 第6世代は3年前のモデルから音質の向上は無し。
    処理速度は今の製品にしては至って普通な印象。
    メリットはキャリアとの契約無しにiOSに触れる事。
    iPhoneと同様のアプリが使えるのに、この本体の薄さと軽さ。
    だろうと。
    薄さと軽さはかなり良い。 
    ただし、音楽プレーヤーとして買うのであれば、ノイズキャンセル機能や音質にこだわったソニー製品の方が良さそう。

    なので、iPod touchの第6世代を買うのは「iOSアプリが使いたい人」だろうと思います。
    2012年モデルと2015年モデルのスペックの違いを見ても、ターゲット層はそこっぽい。
    あと、アプリ開発者の人にはオススメ。

    好きなDVD/CDを無料で3ヶ月間レンタルする方法を記事にしました。

    ミニマムに生きる


    人混みが苦手なので、コンサートやライブというものを避けて生きてきたのですが、機会があったので「吉田兄弟コンサート」に行ってきました。
    津軽三味線で有名な吉田兄弟です。

    今回はバイオリン、ピアノとのコラボで、ジャズとクラシックとセッションをしようという試みでした。
    確かバイオリンを弾かれていたのは「欄」というお名前の方だったと思います。
    勝手に「ラン姉ちゃん」呼ぶことにし、頭脳は大人、体は子供の名探偵のキャラクターに選抜させていただきました。

    感想ですが・・・スゴい・・・。
    生での迫力、音、三味線の可能性、三味線、バイオリン、ピアノの技術の高さに驚きました。
    音楽素人ですが、それでも伝わる技術力と迫力。
    CDやDVDとは全く違います。

    周りも年配の方ばかりでしたので、静かでよかったです。

    あまりにも感動したので、CDをレンタルしちゃいました。
    ベストアルバムが出ているんだそうな。

    これから、機会があれば積極的にこういうコンサートには参加したいなと思います。
    和楽器の可能性、音の強さに感動しました。
    行ってよかった!



    ウォークマンで話題と言えばZシリーズ。
    Androidを搭載し、ウォークマン史上最高音質を謳うシリーズです。

    音質は本当に魅力的でした。
    しかし・・・サイズが・・・大き過ぎる。


    そう思って購入を控えていましたが、新たにAndroidを搭載したウォークマンが出ました。
    今回はコンパクトサイズ!!!
    「F800シリーズ」キター!!

    WS000021


    「S-MASTER MX」「CLEAR PHASE」「デジタルノイズキャンセリング」搭載です。
    nasneとも連携可能というソニーシリーズとしてバッチリな機能。

    Android4.0搭載
    3.5インチディスプレイ
    800×400解像度
    Bluetooth、Wi-Fi
    重量100g
    バッテリーは音楽再生25時間
    GooglePlay使用可能

    価格は
    64GB:35000円前後
    32GB:25000円前後
    16GB:20000円前後

    となっています。
    解像度が相変わらず残念な感じですが、アプリがメインでは無いので妥協点。
    解像度の低さが動作のサクサクさにも貢献していると思われますので、逆によく考えられていると評価してもいいかもしれません。
    あくまでも「ウォークマン」です。


    このサイズ、この価格とiPodTouchの対抗機とようやく名乗れる機種ではないでしょうか。
    FLACに対応しているということですので、性能を活かしたいのであれば購入は32GB以上のモデルがいいかもしれません。


    大人の科学から「ミニエレキ」が付録についてくる本が出ています。
    スゴく欲しい。



    チューニングがすぐにズレたりするなど、それなりな作りのようです。
    しかし、オールプラスチックで軽量。
    サイズも激コンパクト。
    アンプ内蔵。
    こんな惹かれるギターは他にありません。

    普通のギターは重いですし「遊ぶ」には値が張る。
    どうしても高級感や精密な作りが邪魔になるんですよね。

    この大人の科学のミニエレキなら適当に自分でペイントなんてものも出来ます。
    プラスチックですからね。
    値段も安いので、いくつか予備用に購入してカラーリングをそれぞれ楽しむというのも有り。


    しかし、ここで悩みが・・・。
    昔、ギターに挑戦したことがあるのですが、女爪で諦めたんですよね・・・。
    女爪じゃない人には分からない悩みらしく、「深爪すれば大丈夫」「女爪は甘え」「練習が足りないから」という意見が大半。
    そんなんで女爪は解決しないのです!!


    これが女爪。
    01

    これ以上は削ることも出来ません。
    爪との間に爪と皮膚を繋いでいる透明な皮膚が出っ張っているのです。
    これでも深爪レベル。
    昔から一生懸命削っていますが、これ以上は日常生活に支障をきたすので無理。
    人差し指だし。
    これ以上削ると、物が持てない(持つと激痛&出血)、PCのタイピングすら出来ない状態になるので、ギターなんて弾けたものではありません。

    どうしよ〜、欲しいけど女爪でも弾ける弾き方を探さないとかな〜。
    そんな弾き方あるのかな。。

    イヤホンの聴き比べをしてみました。

    イヤホンといえば、数百円〜数万円までと幅広い価格帯の商品が存在します。
    しかし「音が聴ける」という点では数百円の品でも数万円の品でも変わりはありません。
    今の時代、数百円のイヤホンとて高品質です。
    果たして、高価なイヤホンを購入する意味はあるのでしょうか。


    「どうせなら良い音で音楽を聴きたい」
    っと、思っていますので、まずは安価なイヤホンと中堅クラスのイヤホンを聴き比べて音質に違いが出るのかを確認したいと思います。
    それで違いが出れば改めて高級なイヤホンを購入しようかと。
    「良い耳を持っていない自分でも違いが分かる」ことが大前提。


    聴き比べるイヤホンは3つ。

    1.ダイソーのコードリール式イヤホン(100円)

    2.ATH-CKL200(約1000円)


    3.ソニーのMDR-XB20EX(約4000円)
    P1000010


    聴く音はジャズ、J-POP、3DSのバイオハザードの3つ。
    これをそれぞれのイヤホンで聴いていきます。
    使用するのはiPod nanoの第5世代。

    生産終了モデルといい、全体的に古い機材ばっかりですが仕方ない。



    <ダイソーのコードリール式イヤホン>
    うん、普通です。
    別に不満はない聴こえ具合。
    割りと素直に音は聴こえてる気がします。
    ただ、服にコードが擦れると「ガサガサ」と音がイヤホンから聞こえたり、耳の密閉具合が甘い感じが安さを物語ります。
    それを踏まえても、素直な音の聴こえ具合と、コードリール式の便利さ、甘さも目立ちますがこのクオリティで100円と考えると驚きです。
    個人的には携帯ゲーム機用にはこれで十分だと感じました。
    「買い」な一品です。


    <赤と緑のイヤホン>
    ダイソーのコードリール式イヤホンよりは鮮明に聴こえます。
    音を近く感じれる。
    低音も多少響いてるかなという感じ。
    しかし、言う程大きな音質の差ではありません。
    自分の耳では「ほんのちょっとの贅沢」という程度。

    ただし、イヤホンの作り自体はダイソーのよりは全然良い。
    安心して使えますし、耳への装着感も断然上。

    音質的には良いには良いですが、ダイソーと比べて10倍の値段を払うのは気が引けます。
    これなら100円のイヤホンで我慢してもいいかな〜っというのが正直なところ。
    値段がもっと安ければ別なんですけどね。
    商品としての安心感が欲しいという人は、こっちの商品が良いと思います。
    初めの1本としては音質、値段と使い倒すにはオススメです。


    <ソニーのイヤホン>
    全然聴こえ方が違う。
    音が鮮明、迫力が違う。
    他の2つのイヤホンが音が弱いというか、こもった感じで聴こえているんだと痛感させられました。
    このイヤホンは特に低音が響きますね。
    ただし、高音になると何となく音を遠く感じるような?
    低音が響くだけに、高音の弱さがちょっと目立つかなという印象。

    装着感も申し分ありません。
    形状のせいか、少し重みを感じますが、耳に入れた感じはシックリきて良いです。
    ATH-CKL200の方が装着感は断然好みですが、悪くないです。

    それにしても、この価格帯のソニー商品ということも影響してるのでしょうが、大きく音質が変わりました。
    イヤホンってどれも同じじゃないんですね。
    ここまでくると100円のイヤホンには戻れないです。
    いや、リール式の便利さがあるので、実際はケース・バイ・ケースですけど。



    少しお金を足すだけで、随分と音が違うんだと感じました。
    イヤホンでこれだけ音が違ってくるのであれば、もっとちゃんとしたイヤホンが欲しいなと思ってきます。
    ネットでなら安くで買えますし、ちょっと探してみよう。
    でも、このような音楽関係は買うならソニーだなと決めています。

    高い商品には高いなりの理由があるのだなと改めて思った内容でした。

    ちなみに、イヤホンを購入するときの注意点ですが「再生周波数帯域」というのがあるそうです。
    音を表現できる幅の広さです。
    この周波数帯域が広いほど音の表現力が広いということになります。
    一つの目安として確認して購入するといいかもしれません。

    ただし、それが全てでは無く、やはり音質の善し悪しは聴いてみないと分からないみたいです。
    なので、視聴をするのが無難。
    低音に強いイヤホン、高音に強いイヤホン、音が鮮明なイヤホンなど様々らしいです。
    聴く音楽に合わせたイヤホンを選ぶ必要がありますね。
    イヤホン選びが楽しくなりそうです。


    ウォークマンと言えば、高校生の頃に何となく「音楽を聴くならウォークマン」という安易な考えで元旦に大安売りをしていた型落ち品を買ったという程度。
    本当に何となくだったので当時は「ウォークマンで音楽を聴いている自分」というのを意識するだけで大満足でした。

    特に音楽にこだわっていたわけではないので、安価なMP3プレーヤーが市場に出回り始めると当然のように「安い方」に飛びついていきました。
    僕にとって音楽は「聴ければいい」程度のものだったのです。
    「こんな安い値段でポータブルプレーヤーが手に入るなんて、良い時代だね〜」と言ってたぐらいですから。


    それが先日のこと。
    家電量販店でウォークマンのZシリーズの視聴体験コーナーがあり、暇だったので聴いてみることにしました。

    「最高音質」の謳い文句が目に入ります。
    「音質」って一部の音楽大好き人間しかこだわらないんじゃない?
    っというか、今の時代に「音質の差」って本当に存在するのかすら疑問。
    僕は未だに「iPod nanoの第5世代」を所持して使っていますが、全然満足していますし。
    技術の進歩が著しい今、ポータブルプレーヤーに品質の差がそんなにあるとは思えません。



    でも、暇なのでとりあえず聴く。
    ・・・な、なんだこれ!!
    所持してる「iPod nano第5世代」がオモチャに見えてきました。
    ウォークマン凄い!
    iPod nano第5世代と聴き比べてみました。


    <iPod nano第5世代>
    ・音の聞こえ方が、何か透明な板越しに聴いている感じがする
    ・音量を上げても「音が大きくなる」だけで耳がキツイ

    <ウォークマン Zシリーズ>
    ・音が鮮明。「クリアな音」というのが実感できる
    ・音がクリアなので音量を上げても耳に負担になりづらい
    ・ノイズキャンセリング機能が凄い


    一言でいうと「段違い」だということ。
    iPodはどちらかというと「ファッション」「操作性」を重視した製品だと感じました。
    これはApple製品全般に言えること。
    それに比べ、ウォークマンは徹底的に「音」を求めた製品です。
    でも、まさかこれだけの差があるなんて。。
    「音質」は確かに存在しますね。

    更に驚いたのが「ノイズキャンセリング機能」。
    そんなものがあることは知っていたのですが、興味も無かったので特に調べくこともせずにいました。
    そんな状態で初の「ノイズキャンセリング機能」を体験。
    Zシリーズのノイズキャンセリング機能をオン。
    う・・・うわっ、周りの音が・・・消えた!!!!
    なにこれ、なにこれ。
    どうやら、周りの音と反する音を作り出して、ノイズを相殺する技術らしいです。
    「かめはめ波 VS かめはめ波」
    みたいなもんか。
    驚くのは、クリアな音質とノイズキャンセリング機能が合わさった時の音楽の聴こえ具合。
    「音」に集中でき、「音」の質の高さから音楽を楽しむことが出来ます。
    何より「良いな」と思ったのは、ノイズを遮断するので「耳に優しい」ということ。
    音量を上げなくていいので、聴覚を守ることが出来ます。
    これが自分的には一番嬉しい。



    しかし、Zシリーズのお値段を考えると簡単に手を出していい品ではありません。
    手持ちのiPod nano第5世代がまだ戦えるのであれば、まだまだ頑張ってもらいたい。
    そこで、家に帰ってからiPod nano第5世代に入れている音楽を全て「Lossless」に変更することにしました。

    うわ〜、「Lossless」だと1曲30MBもあるんですけど。
    しかし、仕方ない。
    ウォークマンのZシリーズを体感した今、大事なのは容量よりも音質。

    変換後、視聴開始。
    ・・・あんま前と変わらない。。
    Zシリーズには遠く及ばない感じ。
    「Lossless」でこれ?
    iPod nano第5世代が完全にオモチャに見えてきました。
    Appleのブランド力、iPod nanoのカメラ機能やラジオ機能などに踊らされていた自分が情けない。


    しかし、このままでは引き下がれない。
    どうやらイヤホンを良い物に替えると聴こえ具合がかなり違うらしいという情報をGET。

    っということで、再度家電量販店へ。
    イヤホンコーナーでイヤホンの展示品を手持ちのiPod nano第5世代に挿して視聴してみる。
    「あ〜、何か良い、前よりは良い」
    イヤホンって大事だったんですね。
    イヤホンなんて900円ぐらいので十分だと思っていました。
    イヤホンを変更するだけでこの音質なら我慢出来なくもない。
    さて、イヤホンのお値段は・・・・高っ!?
    1万円を超えるってどういうことだよ。。
    ノイズキャンセリング機能もついてないのに1万円・・・・。
    でも、ウォークマンのZシリーズなんて買うと4万弱だしな〜。

    ただ、ここまでくると別に
    「iPod nano第5世代を使う必要はないんじゃない?」
    っても思います。
    大事なのがイヤホンってなると、わざわざiPod nanoを使い続ける理由が無い。
    高いイヤホンを買ってまで使い続けるのは勿体無い気がしてきました。
    無理やり「まだまだ使えます!」って誤魔化してるみたいで。


    悩みながら、ひとまず帰宅。
    そして、Zシリーズについて調べて見ることに。
    そこで浮上してきた新事実が「ウォークマンのAシリーズ」。
    どうやら、ZシリーズはこのAシリーズにAndroidを乗っけたようなものだということ。
    んじゃ、Aシリーズで十分じゃない?
    だって、Aシリーズは32GBですら1万円代で売ってますから。
    もちろん、ZシリーズはAndroidなので利点もあるから悩みます。
    ZシリーズとAシリーズで悩んでいる内容を列挙。


    <Zシリーズ>
    ・iPod使いだった自分としては、アプリからiTunesが使えるので乗り換えが便利
    ・アプリを導入することでWi-Fiを利用した便利機能が使える
    ・スマートフォンのような使い方も可能

    ・サイズが大きすぎる
    ・スマホを持っているので、もうAndroid端末はいらない
    ・「アプリ」の存在は気が散って邪魔

    <Aシリーズ>
    ・従来のウォークマンと同様のサイズで軽量・コンパクト
    ・従来のウォークマンと違いタッチパネル搭載
    ・Zシリーズと機能的に同等
    ・Zシリーズに比べて安い
    ・音楽を聞くことに集中できる

    ・アプリによる拡張性は皆無
    ・音楽を聞くことしか出来ない


    っという点で悩みました。
    悩んだ末、Aシリーズが優勢。
    Zシリーズはサイズとお値段が一番のネックです。
    ウォークマンがあのサイズというのはちょっと。
    あれがAシリーズと同じか、ちょっと大きいぐらいのサイズだったら断然Zシリーズだったんですけどね。


    つまり、イヤホンを買うお金にちょっとお金を足せば「最高音質の」ウォークマンが手に入ることに。
    イヤホンを買えばゲーム機にも使えますし、汎用性が高いのでいいのでここでも悩みます。
    でも、どうせなら今はウォークマンが欲しい!
    あの「最高音質」を体験しちゃったんで。

    っということで、今はAシリーズに狙いを定めてお金を捻出中です。
    もう、iPodを買うことはないかな。
    音楽を聴くには機能も性能もが乏しすぎる。
    いや、それ以上にウォークマンの技術進歩が素晴らしいってことなのでしょうか。

    「別に音楽プレーヤーなんて」
    っと思っている人も、是非一度電気屋さんでウォークマンを視聴してみてください。
    感動します。



    タイトルは極端な話ですけど、こだわるならMP3はやめましょう。

    MP3というファイル形式は一定の周波数を削除することで音質を保ったままファイルサイズを高圧縮することを可能にした形式だと認識しています。
    このMP3、ファイルサイズの小ささ、音質の低劣化から広く普及しました。

    しかし、削除される音がある以上、CDの音質のままで音楽を聴くことが出来ません。
    歌を聴く時はいいようですが、楽器の音を主に聴きたい場合は劣化が特に目立って聴こえるようです。


    それはイカン!
    そこで登場するのがFLACやALACなどの可逆圧縮の形式です。
    これらの形式はCDの音質のままで音楽を楽しむことが出来ます。

    iTunesを使っている人は「Apple Lossless」(ALAC)になります。
    つまり、Apple製品を使っている人はそちら。
    それ以外の機器の場合はFLACとなるのがメジャーなようです。


    iTunesからALACでCDを取り込む手順は
    1.メニューの「編集」→「設定」
    2.「詳細」タブの「インポート」
    3.インポート方法「Appleロスレス・エンコーダ」を選択

    あとは、取り込む際に「Appleロスレスに変換」としてやればいいとのこと。
    ※まだ未検証


    なるほど〜。
    今まで、ウォークマンの方が音質が良いだのなんだの色々な意見が載ってる記事を見てきましが、自分的には「どの機器で聴いても結局一緒じゃん」って思っていました。
    自分がMP3でしか音楽を聴いていなかったからですね。。
    違いが分かる人たちは可逆圧縮で音楽を聴いているってことか。


    やっぱり、高いオーディオプレーヤー、安いオーディオプレーヤーにはそれなりに理由があるのだと感じました。
    上質なものは経験しておくに越したことが無いのかもしれません。
    取り込むファイル形式を変えるなんてタダで出来る訳ですし。

    時間を見つけて、今度聴き比べをしたいと思います。


    ちなみに、ALACですがオープンソースとなっているため、Androidアプリでも再生できるものがチラホラ出ています。
    Apple製品がなくとも、Androidを使っている人は試してみていいかもしれません。



    WS000012


    ソニーが提供する、音楽が定額で聞き放題というサービス「Music Unlimited」を試してみました。
    これは月1480円を支払うことで、ラインナップされている1000万曲が聞き放題になるというもの。
    AndroidやiOSでも使えて便利だという噂でした。


    ずっと気になってはいたのですが、映画やドラマが見放題となるHuluは月980円です。
    なのに音楽が1480円というのはどう考えても高い。
    CDをレンタルする方が自分としては格安です。
    ニューリリースのアルバムでさえ、5枚借りても1000円で済むのに。


    しかし、気になる。
    ラインナップされている曲がどんな曲かも気になりますし。
    そう思っていたら、このサービスは無料視聴が出来るんですね。
    「無料視聴」「無料体験期間」「サービス登録」と3つの段階が選べるようです。
    「無料視聴」は曲の再生が30秒に限定されます。
    「無料体験期間」はサービス登録を行うことで30日間は月額料金が免除されます。


    とりあえず、雰囲気をつかむだけであれば「無料視聴」で良さそうです。
    ということで、視聴開始。

    ・・・洋楽ばっかだー!!
    J-POPもあるにはある。
    しかし、少ない、少な過ぎる。

    洋楽はジャズはたまに聴くので助かります。
    でも、ジャズだけのために月1480円は高いな〜。
    今の自分の携帯代より高い。


    これは洋楽をあまり聴かない自分としては見送りですかね。
    洋楽をよく聴く人には嬉しいサービスだと思います。
    携帯、PSVita、PS3などでいつでも洋楽が聴き放題。
    ラインナップとしては結構古い音楽もあるので、年代が高い人にもオススメ出来る。

    音楽はオフラインでも聴けるようにダウンロードが出来るようです。
    便利ですね。
    注意点は、こちらはサービスを解約したと同時に聴けなくなるそうです。
    なので、どちらかというと音楽レンタルサービスに近い感覚でしょうか。

    音質ですが、ネットじゃFMラジオ並だとか、悪いと騒がれていますが気になりませんでした。
    普通に聴けます。
    FMラジオの音質よりは絶対に良いと思いますけどね。
    よ〜っぽど拘らない限りは満足するレベルです。


    さて、このサービス、オススメ出来る人としては

    「レンタルショップに行くのが面倒くさい」
    「レンタルショップで目的のCDを探すのが面倒くさい」
    「月に6枚程度のアルバムを必ずレンタルする」
    「洋楽大好き」
    「とにかくBGMとして曲をずっと流していたい」
    「買い溜めたCDが家で邪魔になる」

    という人かなと思います。
    どれかに当てはまる人はサービス登録をしてもいいかと思います。
    良くも悪くも手元にデータが残らないのが特徴。
    断捨離の手段としてもいいですね。

    無料視聴でも雰囲気はつかめますので、気になっている方は是非視聴してみてはどうでしょうか。




    このページのトップヘ